• ヒートショックの現状

    ヒートショックによる死亡者数は、交通事故死の約4倍!

    みなさん
    ヒートショックが原因で亡くなる人は年間何人いると思いますか?
    実は年間で約17,000人もの人がヒートショックが原因で亡くなっているんです。※

    これは、交通事故による死亡者数の約4倍にあたります。 交通事故よりもはるかに多いなんてちょっと意外ですよね。

    ヒートショック・交通事故による死亡者数の比較

    普段から意識している人は少ないと思いますが、最悪の場合、命に関わることもあるヒートショック。 しっかりと対策をしていきましょう!

    ※ヒートショックは医学用語ではないので死亡診断書にヒートショックという用語は出てこず、 「溺死」や「病死」と記入されているため、ヒートショックが原因と思われる死亡の正確な統計データはありません。 しかし、東京都健康長寿医療センターによると、上記の数値になると推計されています。

    ② ヒートショックとは



    ヒートショックの対策方法はこちら

  • ヒートショックとは

    ヒートショックって?

    ヒートショックは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって 血圧が上下に大きく変動することをきっかけにして起こる健康被害のことです。

    症状としては、失神や不整脈を起こしたり、最悪の場合死に至ることもあります。

    ヒートショック

    健康寿命・平均寿命が短くなる原因は血圧も関係する!?

    健康寿命・平均寿命が短くなる原因は、血圧にあります。その理由を日本人の死因をトップ5から追っていくと、ご覧のようなランキングになっています。注目は、心疾患、脳血管疾患で、主な原因は高血圧であったり、血圧の乱高下といわれていて、ランキングの2位、3位を占めています。

    ※健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のこと。
    日本人の主な死因TOP5

    ③ ヒートショックを引き起こす条件

    ヒートショックの対策方法はこちら

  • ヒートショックを引き起こす条件

    ヒートショックが起こりやすいのは「冬場の浴室」!

    入浴中の事故死は平均気温10度以下の12月~3月にかけてが多く、 東京都においては1月が242人と最も多く発生しています。

    東京都の平均気温と23区内における入浴中の死亡者数

    また、家の中では、暖房の効いていない浴室や脱衣所は特に注意したい場所です。 冷え切った脱衣所で服を脱いだ後に、熱いお湯に浸かることで血圧が急激に変化して、ヒートショックを起こす危険性が高まります。

    築20年以上の戸建住宅の浴室は、半分以上が在来工法で作られています。※

    在来工法は、浴室の広さや形に合わせて床や壁をタイルで貼る従来の施工方法ですが、 ユニットバスに比べ、気密性や断熱性が低いので浴室が寒くなりがち。 築20年以上の家に住んでいる方は浴室でのヒートショックに要注意です!

    ※参考:都市生活レポート『入浴とヒートショック~シニアの入浴環境の実態と意識~』東京ガス株式会社 都市生活研究所,2015年

    高齢者のヒートショックに注意!

    ヒートショックは誰にでも起こりうる現象ですが、そのなかでもヒートショックになりやすい人は、

    • 65歳以上の高齢者
    • 高血圧、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を抱えている人
    • 肥満気味の人

    です。

    特に高齢者は、浴槽での溺死者数の約9割を占めているので要注意! 温熱感覚も低下している場合があり、体感温度だけでは判断が難しい場合があるので温度計等で室温を客観的にチェックしたり、 家族で声かけを行うなど注意が必要です!

    ④ ヒートショック対処方法

    ヒートショックの対策方法はこちら

  • ヒートショックになってしまったら

    ヒートショックは未然に防ぐことが最も重要ですが、 万が一、浴槽で倒れている人を発見した場合は、いざという時に素早く対応出来るよう、 日頃から応急処置方法を確認しておきましょう。

    1. 浴槽の栓を抜く。大声で助けを呼び、人を集める
    2. 入浴者を出せるようであれば浴槽内から救出する。ただちに救急車を要請する。(出せないようであれば、蓋に上半身を乗せるなど沈まないようにする。)
    3. 浴槽から出せた場合は、肩を叩きながら声をかけ、反応があるか確認する。
    4. 反応がない場合は呼吸を確認する。
    5. 呼吸が無い場合には胸骨圧迫を開始する。
    6. 人工呼吸ができるようであれば、胸骨圧迫30回、人口呼吸2回を繰り返す。できなければ胸骨圧迫のみ続ける。
    出典:東京防災救急協会『上級救命講習テキスト』東京法令出版 2015

    【胸骨圧迫の位置】
    胸の真ん中を約5cm、一分間に100回から120回のテンポで押します。(アンパンマンマーチのテンポぐらい!)

    胸骨圧迫の位置

    ⑤ ヒートショックの予防・対策方法



    ヒートショックの対策方法はこちら

  • ヒートショックの予防・対策方法

    今日から手軽に出来るヒートショック対策

    浴室を温める

    シャワーを活用したお湯はり…シャワーを高い位置に設置して、浴槽へお湯をはることで、浴室全体を温めることができます。

    シャワーを活用したお湯はり

    入浴時の注意

    ① 食事直後・飲酒時の入浴を控える
    食後一時間以内や飲酒時は、血圧が下がりやすくなるため、入浴を控えましょう。

    ② かけ湯をする
    冷え切った体ですぐ湯に浸ると、入浴直後2分程度で、血圧は30~50急上昇してしまいます。 手・足など心臓の遠い場所から、肩に向かって徐々に「かけ湯」を行い、十分に体を慣らしてから入浴しましょう。

    ③ 熱すぎるお湯は控える
    人によって影響は異なりますが、お湯の温度は、41℃以下がおすすめです。

    ④ 早朝・深夜の入浴を避ける
    特に冷え込みがちな、早朝や深夜の入浴を避けましょう。

    ⑤ 入浴前の声かけ
    家族と暮らしている人は、入浴する前に一声かけたり、 高齢者や高血圧の方の入浴中に日頃から声かけを行う習慣をつけましょう。

    ヒートショック対策

    窓の断熱リフォーム

    シャワーや暖房器具で浴室を温めても、家の断熱性能が低いと、せっかく温めた浴室がすぐに冷えてしまい、 高熱費もかかってしまいます。では、浴室の断熱性能を効果的に高めるにはどうしたら良いでしょうか?

    答えは窓です!

    在来工法の浴室では、床の冷たさ等に気を取られがちですが、 実は窓リフォームを行うことによって、浴槽内の温度が低下することを抑えることができ、浴室を暖かく保つことが出来るんです。

    また、冬の住まいでは、窓などの開口部から48%と約半分の熱が出て行ってしまいます。 そのため、窓を断熱化することで効果的に浴室の暖かさを保つことが出来るんですね!

    住宅の熱の流出割合

    今後の為のヒートショック対策

    窓の断熱リフォームには大きく分けて以下の3つの方法があります。 断熱効果や費用、メリットデメリットをしっかりと把握して、 ご自宅に合った窓リフォームを行ないましょう。

    「熱貫流率」について

    このページでは、断熱効果の目安として「熱貫流率」での値を元にオススメの商品を掲載しています。 「熱貫流率」は、ガラス内外の温度差が1度あったときに、ガラス1㎡あたり1時間でどれだけの熱が通過するかを表した値です。 熱の通過量が少なければ少ない程、断熱性能が高いということなので、 「熱貫流率の数値が小さいほど、断熱効果が良い」と覚えておきましょう! 参考として、透明の一枚ガラス3mmが入った窓の熱貫流率は、6.15[W/(㎡K)]です。

    ※アルミサッシ(W1690 H770) + 透明3mmで算出しています。

    熱貫流率についての詳細はこちら

    ガラス交換

    今あるサッシ枠はそのままに、ガラスだけを交換する方法。

    〇 メリット:窓全体を交換するのに比べ安い、施工時間が短い
    ✕ デメリット:ガラスの厚みによっては使用できない種類のガラスもある(or専用の部品を別途使用して交換)

    【参考断熱効果】2.79[W/(㎡K)]※1
    既存窓(アルミ樹脂複合サッシ)+ スペーシアクール6.2mm (W1690mm H770mm)

    【参考価格】65,000円(工事費込)※2
    既存窓(アルミ樹脂複合サッシ)+ スペーシアクール6.2mm (W1690mm H770mm)

    ※1 断熱効果はあくまで目安です。
    ※2 金額はあくまで目安です。実際のお見積り金額は各店舗により異なりますので別途お見積りをご依頼ください。

    真空ガラス 「スペーシア クール」

    世界で初めて実現された真空テクノロジーを使用したガラス。 0.2mmの真空層と特殊金属膜のダブルの効果で、遮熱・断熱効果ともにトップクラス。 浴室の暖かさをしっかりと保ちます。6.2mmの厚さで、 今お使いのサッシにそのまま入れることが出来るので、ガラス交換にも最適な商品です。

    断熱について

    内窓設置

    今ある窓の室内側にもう一つ窓を設置するリフォーム方法

    〇 メリット:窓全体を交換するリフォームに比べ安い
    ✕ デメリット:窓の開閉が二窓分必要、掃除に手間がかかる

    【参考断熱効果】1.55[W/(㎡K)]※1
    内窓 + 複層ガラス遮熱タイプ(W1690mm H770mm)

    【参考価格】62,000円(工事費込)※2
    内窓 + 複層ガラス遮熱タイプ(W1690mm H770mm)

    ※1 断熱効果はあくまで目安です。
    ※2 金額はあくまで目安です。実際のお見積り金額は各店舗により異なりますので別途お見積りをご依頼ください。

    断熱・防音内窓 「インプラス」

    一窓あたり約1時間の簡単リフォーム。 アルミに比べ1/1000の熱伝導率を誇る断熱効果に優れた樹脂製サッシと、今ある窓との間に生まれる空気層が浴室の暖かさを保ちます。

    【複層ガラス(遮熱タイプ)】
    浴室は北向きの場合が多く、日没後に浴室を利用することが多いので、 日差しを適度に取り入れて暖かさを保つ「高断熱タイプの複層ガラス」より、 更に断熱 効果の高い「遮熱タイプの複層ガラス」がおすすめです。

    断熱について 遮熱について

    カバー工法

    今あるサッシ枠の上から新しいサッシをかぶせるリフォーム方法

    〇 メリット:窓全体が新品になる、隙間風を防げる、窓のがたつき解消
    ✕ デメリット:今ある窓のガラス面積が狭くなる

    【参考断熱効果】2.91[W/(㎡K)]※1
    アルミ樹脂複合リフォーム用サッシ + 複層ガラス遮熱タイプ(W1690mm H770mm)

    【参考価格】128,000円(工事費込)※2
    アルミ樹脂複合リフォーム用サッシ + 複層ガラス遮熱タイプ(W1690mm H770mm)

    ※1 断熱効果はあくまで目安です。
    ※2 金額はあくまで目安です。実際のお見積り金額は各店舗により異なりますので別途お見積りをご依頼ください。

    サッシをまるごと交換 「カバー工法」

    今あるサッシの上に新しいサッシをかぶせるので、大掛かりな工事が不要。たった1日でリフォームが行え、暖かく快適な浴室に。

    【複層ガラス(遮熱タイプ)】
    浴室は北向きの場合が多く、日没後に浴室を利用することが多いので、 日差しを適度に取り入れて暖かさを保つ「高断熱タイプの複層ガラス」より、 更に断熱 効果の高い「遮熱タイプの複層ガラス」がおすすめです。

    断熱について 遮熱について

    ※マンションにお住まいの方へ
    窓は「共用部」の施工にあたります。リフォームの可否はお住まいのマンションにより異なりますので、管理組合等にご確認ください。 ※内窓交換は「専有部」である室内側の施工のため、個人でのリフォームが可能ですが、マンションごとに規約が異なりますので事前にご確認ください。

    窓リフォームは最初こそ費用がかかるけど、浴室の断熱性能を良くすれば、医療費を減らせたり、なにより大切な家族や自分の命を守ることが出来るんだね!! こちらで紹介しているリフォーム方法や、おすすめ商品はお住まいや現場状況によって適切でない場合があります。 まずは一度Mado Proリフォーム店に相談ください! 窓のプロがお客様のご予算や状況に合わせた最適な商品をご提案致します!

Works
関連施工事例

ガラスの交換

まるで魔法瓶!真空ガラスで結露を解決!

まるで魔法瓶!真空ガラスで結露を解決!
内窓の設置

浴室用内窓で、寒さ解決!強化ガラスでさらに安心♪

浴室用内窓で、寒さ解決!強化ガラスでさらに安心♪
窓まるごとリフォーム

真空ガラス「スペーシア」へのガラス交換で夏も冬も快適に!

真空ガラス「スペーシア」へのガラス交換で夏も冬も快適に!

COMING SOON

error: 右クリック禁止