窓の内側に、もう1つ窓を。
室内の見栄えも美しく。

ピタッと取り付けられた内窓が、窓から伝わる冬のヒンヤリ感、夏のジワっとした暑さを遮り1年中快適に。 もちろん冷暖房費も抑えることが出来ます。さらにその気密性から防音効果も期待できます。

また、デザイン性も嬉しいところ。 今あるサッシを覆うようにして新しいサッシが取り付けられるので、 部屋の印象もガラッと変わります。

  • 結露対策
  • 冷房効果UP
  • 暖房効果UP
  • 防音対策
  • 防犯対策
  • 視線対策
窓の内側に、もう1つ窓を。室内の見栄えも美しく。

高い断熱性能で、夏も冬も快適

インプラスは樹脂性のサッシ。樹脂の熱伝導率は、アルミの1/1000程度と大幅に熱が伝わりづらいのです。 さらに、今ある窓とインプラスの間に生まれる空気層が熱を伝わりづらくすることで、 夏は外の暑さを取り込まず、冬は室内の暖かさを逃がさない快適な空間になるのです。

結露を軽減

窓が冷え、そこで冷やされた空気の水分が水滴となるのが、結露の正体。 インプラスは、高い断熱性によって窓が外の寒さに影響されることが少なくなるので、 結露の発生を大幅に抑えることができます。朝の窓拭きも大幅に減り、とても喜ばれます。

※室内の状態によって結露が発生する場合もあります。

冷暖房費がお得に

インプラスは断熱性能が高いので、エアコンなどの暖かさや冷たさを効率良くお部屋にキープできます。 そのため、今ある窓だけに比べて年間で約20%、金額にして約16,670円もの節約に! (※株式会社LIXIL調べ)快適だけでなくお財布にもやさしい内窓です。

防音効果も期待できます

今ある窓とインプラスの間に出来た空気層と、ピッタリと取り付けられた気密性の高さで防音効果を発揮します。 その効果を例えると、交通量の多い道路レベルの騒音が図書館並の静かさになるほどです。

※窓以外の床や壁などから音が伝わることがあります。必ず防音できることを保証するものではありません。

Related Works
関連施工事例

COMING SOON

Related Videos
関連動画

【窓チェンTV!】
内窓で防音編

内窓に使うガラス次第で、その防音効果もずいぶん変わります。どの程度の差が出るのか、様々な種類のガラスを使用した実験をしています。

【窓チェンTV!】
断熱・結露・防音に!インプラス編

断熱効果・防音効果の両方を満たすおすすめのガラスをご紹介。ガラス選びの際はぜひ参考にしてください。

COMING SOON

error: 右クリック禁止