玄関ドアリフォームの費用・相場は?補助金は?引き戸も出来る?

投稿日:2019.09.20

玄関ドアリフォーム

最終更新日:2019.09.20

おはようございます!Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

皆さんは、常に人気リフォームの上位に入る「玄関ドアリフォーム」をご存知ですか?
今回は玄関ドアのリフォームにはどれくらいの費用がかかるのか、引戸や勝手口のリフォームも可能なのか、お得なリフォーム補助金についても解説します。

 

1.玄関ドアリフォームとは

玄関ドアリフォームは、古くなって開けづらい、デザインを新しくしたいなど様々なお悩みを一気に解決できるリフォームです。
古い玄関を出来るだけ取り除き、新しドアを上からかぶせるように取り付ける「カバー工法」という方法でリフォームします。工事はたった1日で完了するので、その手軽さと変わり栄えにとても喜んでいただける人気リフォームです。

玄関ドアリフォーム

古かった玄関ドアが一気にキレイになりました。こちらのドアはカードをかざすだけで鍵が開く電池錠タイプです。

 

2.玄関引き戸・勝手口もリフォーム可能

玄関ドアだけでなく、もちろん引き戸もリフォームが可能です。また、勝手口ドアもリフォーム出来ます。
玄関ドアもそうですが玄関引き戸もデザインが豊富です。引き戸というと和風なイメージがありますが、モダンなデザインや引き締まった色などを選択することも可能です。
勝手口ドアも風を取り込むための小窓がついた採風タイプもあります。湿気やニオイがこもりがちなキッチンも、快適になります。

玄関引き戸リフォーム

和風だった引き戸が、モダンな雰囲気になりました。こちらの引き戸もカードをかざすだけで鍵が開く電池錠を採用しました。

 

3.玄関ドアリフォームの費用

玄関ドアリフォームの費用は、約25万円~75万円と幅が広くなっています。
これは、玄関ドアの中にもタイプがあるためです。

タイプ 費用
①アルミ
(断熱材なし)
約25万円~35万円
②断熱
(断熱材あり)
約30万円~50万円
③防火
(断熱材あり)
約40万円~75万円

※価格は工事費込み・消費税抜きです

 
①アルミタイプ
断熱材がないため玄関の寒さ・暑さの改善にはつながりません。断熱よりも使い勝手や見た目を良くしたい方にとって、リーズナブルにリフォーム出来ます。

②断熱タイプ
断熱材が入っているため、玄関の冷えや暑さを改善できます。せっかくのリフォームですから、断熱性も求めたい方にオススメです。

③防火タイプ
住宅によっては防火タイプの玄関ドアを取り付けなければいけません。近隣や道路と近い場所は防火地域と呼ばれ、火災が起きた際に燃えにくい素材を使う必要があります。そのため、材料費が通常のドアよりも少し高くなるので、総工事費も高くなってしまいます。

 

4.玄関引き戸リフォームの費用

玄関引き戸リフォームの費用は、約25万円~40万円です。
引き戸の場合、ガラスの面積が大きくなるためガラスの断熱性で価格が変わります。

タイプ 費用
①シングルガラス
(断熱性能なし)
約25万円~
②ペアガラス
(断熱性能あり)
約35万円~

※価格は工事費込み・消費税抜きです

 
①シングルガラス
昔から使われている一枚ガラス(単板ガラス)と呼ばれるものです。断熱性はほとんどありませんが、引き戸自体のデザインや使い勝手の向上につながります。

②ペアガラス
2枚のガラスの間に空気を挟み込んだ断熱性能の高いガラスです。ガラス部分を断熱化することで、冬の寒さや夏の暑さを軽減します。

 

5.勝手口ドアリフォームの費用

勝手口ドアリフォームの費用は、約20万円~25万円です。
勝手口ドアも断熱性能の高さで価格が異なります。

タイプ 費用
①アルミ枠・シングルガラス
(断熱性・低)
約20万円~
②アルミ枠・ペアガラス
(断熱性・中)
約20万円~
③アルミ+樹脂枠・Low-Eペアガラス
(断熱性・高)
約25万円~

※価格は工事費込み・消費税抜きです

 
①アルミ枠・シングルガラス
勝手口の本体がアルミ製でガラスはシングルガラスのため断熱性は期待できませんが、見た目や使い勝手をリーズナブルに向上できます。

②アルミ枠・ペアガラス
勝手口本体はアルミですが、ガラスはペアガラスのため一定の断熱性が期待できます。

③アルミ+樹脂枠・Low-Eペアガラス
勝手口本体の室外側はアルミで強度を、室内側は樹脂で断熱性を持たせています。またLow-Eペアガラスといって、空気を挟んだペアガラスの片側に断熱性の高い金属膜がついているタイプで、ペアガラスよりも断熱性が向上します。そのため、勝手口全体で断熱性を高く保ちます。

 

6.玄関ドア・引き戸・勝手口ドアリフォームに使える補助金

これまで紹介した玄関ドアリフォーム、玄関引き戸リフォーム、勝手口ドアリフォームには、現在実施中の「次世代住宅ポイント」が利用可能です。

 
<玄関ドア・勝手口ドア>

面積 ポイント
1.8㎡以上 28,000/箇所
1.0㎡以上1.8㎡未満 24,000/箇所

 
<玄関引戸>

面積 ポイント
3.0㎡以上 28,000/箇所
1.0㎡以上3.0㎡未満 24,000/箇所

 
次世代住宅ポイント制度は、ポイントによる還元で1ポイント=1円相当として指定商品に交換可能です。お米などの食品やテレビなどの家電、その他様々な商品が用意されています。
2020年3月末まで実施の予定ですが、予算が無くなり次第終了となりますので、早めの検討がオススメです。
また玄関まわりのリフォームに使用できる補助金制度は珍しいため、思い切って次世代住宅ポイント制度を活用してみるのもいいかもしれません。

 

7.まとめ

玄関ドアはもちろん、引戸や勝手口もリフォームが可能です。
断熱性能を求めることも出来ますし、リーズナブルにリフォームすることも可能です。
また補助金制度を活用することも可能ですので、断熱性能を求めつつお得にリフォームするのも良いかもしれませんね。
ぜひ一度、お気軽にマドプロ登録店までご相談ください♪

 

 
※費用はサイズやデザイン、オプションの有無等で変わります。目安としてお考え下さい。
※施工する店舗によって費用は変わります。一度お気軽にご相談ください。
※掲載費用はは工事費込み・消費税抜きです。

 


マドプロはマッチングサイトです
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ


COMING SOON

error: 右クリック禁止