次世代住宅ポイントの対象となる窓リフォーム工事

投稿日:2019.09.24


最終更新日:2019.09.24

おはようございます!Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

皆さんは、家の窓リフォームをすることで家電や家具・レジャー用品などと交換できる制度があることをご存知ですか?正確には対象のリフォームをすることでポイントが貯まり、そのポイントで交換することができます。しかもこの制度は国(国土交通省)が実施しているのです!
今回はこの「次世代住宅ポイント制度」についてご紹介したいと思います。
 
 
窓の断熱リフォームを行うと、さまざまな商品と交換できるポイントが発行されます。具体的にどんな工事になるかというと、真空ガラス「スペーシア」やペアガラスなどの高性能ガラスへの交換、あるいは樹脂製サッシの内窓(二重窓)インプラスの設置がその対象です。今回はこれらの性能を説明するとともに、次世代住宅ポイント制度で発行されるポイントの仕組みについてご説明します。以前あった住宅エコポイントとの違いについても、しっかり押さえておきましょう。
 
 

 
 

1.真空ガラス「スペーシア」

3㎜のガラスを2枚重ねにした真空ガラス「スペーシア」の特徴は、何といってもその群を抜く断熱性能です。きわめて薄いガラスながら、ガラスとガラスの間を真空状態にすることで熱移動を最小限に抑えています。断熱性が高く保温性にすぐれるスペーシアは、さまざまな効用とメリットをもたらします。
外気の影響を受けにくいスペーシアは、結露にも強い性質です。メーカーの試験データ※によると、室内温度20℃・湿度60%の環境下では、一枚ガラスが外気温8℃で結露を起こしたのに対し、スペーシアはマイナス23℃まで結露を発生させなかったとのことです。
※日本板硝子株式会社の試験値によるものです。
 

冷暖房に頼らなくても夏や冬を快適に過ごせるところもスペーシアの魅力。真空パワーと特殊金属膜をコーティングしたガラスの効果で、夏の紫外線を効率よくカット。冬には太陽から取り込んだ熱を確保して保温力を発揮します。スペーシアの窓にチェンジした途端、「えっ?こんなに電気代安いの?」となるのは、エアコン使用を極力抑え光熱費の大幅カットに成功しているからです。
真空ガラス「スペーシア」の工事費用の目安※は、掃き出し窓で12万円前後、腰高窓で7万円前後です。高断熱性をもつ高級ガラスをご希望の方にオススメです。
※税抜き。工事費用はあくまで目安です。設置場所の状況や店舗により金額は異なります。

 

2.インプラス

インプラスは、内窓(二重窓)と呼ばれる樹脂製のサッシです。今ある窓サッシの内側にインプラスを設置するリフォームを行うことで、次世代住宅ポイントの適用を受けられます。
インプラスで内窓リフォームをするだけで、これだけのメリットを実感できます。

  • 高い断熱性能で夏も冬も快適
  • 結露の発生を最小限に抑える
  • 冷暖房のコストカットができる
  • 防音効果が高い
  • お部屋の印象をチェンジできる

高い断熱性能で夏や冬も過ごしやすくなりますし、結露も発生しにくくなります。エアコンを使わずとも室内の温度を適切に保つことができれば、冷暖房費のコストカットにもつながります。これらに加えて防音性やデザイン性にもすぐれるインプラスは、窓のリフォーム時にぜひともチェックしておきたい商品です。
LIXIL製(TOSTEM)のインプラスの費用の目安は、以下のとおりです。

  • 防音断熱/内窓インプラス2枚建て(掃き出し窓):7~9万円前後
  • 防音断熱/内窓インプラス2枚建て(腰高窓):4~5万円前後

※税抜き。工事費用はあくまで目安です。設置場所の状況や店舗により金額は異なります。
 
LIKIL製のインプラスや、次世代住宅エコポイントとの関連について分からないことがあれば、お気軽にマドプロまでお尋ねください。

 

3.ペアガラス

ペアガラス(複層ガラス)とは、2枚重ねのガラスの間に設けた空気層を乾燥させることで、高い断熱性と防露性を確保したガラスです。このガラスは分厚い構造のため既存サッシでは対応が難しく、現在ペアガラスを使用中のご家庭にのみオススメしております。
マドプロがオススメするペアガラスは、日本板硝子(株)の「ペアマルチEA」です。この製品の特徴は優れた断熱効果にあり、一枚ガラスの約3.1倍、一般ペアガラスの約1.5倍というレベルです。ガラスの性能のみで一年を通して快適な温度に保ってくれることから、冷暖房のコストカットも見込めます。
結露防止にも効果を発揮。日本板硝子調べによると、同じ条件の環境下で調べた結果、一枚ガラスが外の気温8℃で結露したのに対し、ペアマルチEAは-18℃で結露するまで持ちこたえたそうです。まさに次世代型エコ住宅にピッタリの窓ガラスです。

 

4.次世代住宅エコポイントの概要

以前、省エネ住宅リフォームを対象とする「住宅エコポイント」制度が実施されました。そして今回、消費税が増税されるタイミングで“次世代住宅ポイント”として復活。耐震性やバリアフリー性を高める目的の工事にもポイントが発行されるなど、さらにパワーアップしたエコポイント制度として利用されています。
 
【対象住宅および期間】

対象住宅のタイプ リフォーム 新築
注文住宅 分譲住宅 分譲住宅(完成済)
契約 2019年4月1日~2020年3月31日※ 2018年12月21日~2020年3月31日 2018年12月21日~2020年12月20日
着工
契約から2020年3月31日までに着手
引渡し
2019年10月1日以降

※2018年12月21日~2019年3月31日までに締結された工事請負契約であっても、2019年10月1以降~2020年3月31日までに着工するものは対象。

 

【新築住宅の発行ポイント】
新築住宅の購入では、1戸あたり最大35万ポイントが発行されます。

性能 一戸あたりの発行ポイント
断熱等性能等級4又は一次エネルギー消費量等級4以上
30万ポイント
劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上又は免震建築物
高齢者等配慮対策等級3以上
認定長期優良住宅
5万ポイント
認定低炭素建築物
性能向上計画認定住宅
ZEH
耐震性のない住宅の建替
15万ポイント
家事負担軽減に資する設備を設置した住宅
0.9万~1.8万ポイント

 
 

【リフォーム工事の発行ポイント】
リフォームの場合、発行されるポイントは1戸あたり最大30万ポイントです。
※若者・子育て世帯の場合は最大45万ポイント。住宅を購入しリフォームを行う場合は上限のポイント数が異なります。詳しくは次世代住宅ポイントHPをご確認ください。

性能
一戸あたりの発行ポイント
断熱改修(窓、ガラス、ドア、天井など)
0.2~10万ポイント
エコ住宅設備
0.4~2.4万ポイント
耐震改修
15万ポイント
バリアフリー改修
0.5~15万ポイント
家事負担軽減設備
0.9~1.8万ポイント
リフォーム瑕疵保険の加入等
0.7万ポイント
若者・子育て世帯の既存住宅リフォーム
10万ポイント

 
 

【ガラス・内外窓交換の発行ポイント】
スペーシアやペアガラスに交換した場合の発行ポイントの目安は次のとおりです。

大きさの区分
ガラス交換(1枚あたり)
内窓・外窓交換(1カ所あたり)
7,000ポイント
20,000ポイント
5,000ポイント
15,000ポイント
2,000ポイント
13,000ポイント

 
 

5.まとめ

優れた断熱性能と結露防止機能をあわせもつ窓ガラスは、「環境にやさしい設備」として、次世代住宅ポイントの対象となります。窓リフォームでスペーシアやペアガラスを取り付けたときは、ポイント申請を忘れずに。集めたポイントでお得な商品をゲットしましょう!

 
 

詳しい解説はこちら
「補助金でお得に窓リフォーム!」


マドプロはマッチングサイトです
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ


COMING SOON

error: 右クリック禁止