小窓をなくして断熱性アップ!窓のカバー工法(東京都港区)

カテゴリー:窓まるごとリフォーム
担当施工店:株式会社フレーム

解決できるお悩み

使用製品

  • 断熱サッシ
  • 施工前

    右上部分にある換気小窓がついたタイプの窓をリフォームします。

  • 施工後

    カバー工法で換気小窓をなくしました。断熱サッシでリフォームすることによって断熱性はもちろん、すき間風も解消です!

リフォーム内容

住所
東京都港区
建物
マンション
施工内容
窓まるごとリフォーム
施工箇所
居室
使用製品
断熱サッシ
施工時間
約1日
施工費用

担当施工店

施工者名
株式会社フレーム
営業エリア
東京・神奈川全域
営業時間
8:00 ~ 21:00
フリーダイヤル受付9:00~19:00/年中無休
定休日
不定休(ご相談は年中無休)

販売店コメント

株式会社フレーム

結露とすき間風は、カバー工法で解消!

結露のお悩みを抱えたお客様より、ご相談を頂きました。

部屋の中で比較的寒い場所、冷たい場所に結露は発生しやすくなっています。窓ガラスやサッシは外気の影響を特に受けやすいため、冬は結露に悩まされる場所です。

窓の結露を軽減するには、窓の断熱性を高めることが効果的です。断熱性を高めることで部屋の中の冷たい場所が無くなり、結露の発生を軽減することが出来ます。また、窓際のひんやり感も軽減できるため、部屋全体の温度のムラがなくなります。寒さや結露を我慢することなく快適に過ごせます。

今回リフォームした窓は「換気小窓」がついている窓(窓の上側についている小さな窓)でした。換気小窓はすき間が空きやすく、閉めていても外の空気がスースーと中に入ってきてしまうことがあります。換気小窓をなくすカバー工法で窓リフォームを行うことで、隙間風を解消できました。また新しい窓で使用してるサッシは断熱性が高いので、結露の軽減にも繋がりました。

カバー工法は、結露や断熱などの悩みを一気に解決できるため、とても喜ばれる窓リフォームです。窓のお悩みは、カバー工法を得意とするフレームまでお気軽に問い合わせください。


結露発生のしくみを知って正しく解決しましょう!
「どうして結露は出来るの?結露の基本と対策」

カバー工法の詳しい解説はこちら!
「開かない!古い!寒い・暑い!を一気に解決 窓のカバー工法基礎知識」

Works
関連施工事例

窓まるごとリフォーム

ビルの屋上の扉交換!隙間や開閉のしづらさを解消!

  • LIXIL製「ロンカラーガラスドア」
ビルの屋上の扉交換!隙間や開閉のしづらさを解消!

窓まるごとリフォーム

結露対策に!マンションの窓リフォーム(東京都港区)

  • 断熱サッシ
結露対策に!マンションの窓リフォーム(東京都港区)

窓まるごとリフォーム

アパートの窓まるごと交換!(神奈川県茅ケ崎市)

  • YKK AP製「かんたんマドリモ 」
アパートの窓まるごと交換!(神奈川県茅ケ崎市)

COMING SOON

error: 右クリック禁止