シャッターボックスとは?設置するメリットを解説

シャッターボックスとは?設置するメリットを解説

シャッターを快適に使うために不可欠なものが「シャッターボックス」です。住宅の窓にシャッターを設置しようと検討している場合は、ぜひこの記事を読んでシャッターボックスについても理解しておきましょう。

■シャッターボックスとは

シャッターボックスは、シャッターを収納するための設備です。窓の上に設置され、シャッターを使わない時には巻き上げて収納します。

防犯や安全のため、窓に後からシャッターを取り付けることは少なくありません。窓にシャッターを後付するためには、シャッターボックスの設置が必要です。窓の上部にシャッターボックスを設置するための十分なスペースがない場合は、シャッターの取り付けが困難になります。

そのため、シャッターの取り付けを検討している場合は、まずシャッターボックスを設置できるスペースがあるか確認が必要です。換気口、エアコンダクトなどが窓枠のそばにある場合はシャッターボックスの設置が難しいため、シャッターの取り付けを見直すことになります。

■住宅の窓にシャッターを設置するメリット

近年は、窓にシャッターを設置する家庭が増えてきています。以下では、住宅の窓にシャッターを設置することによる具体的なメリットを紹介します。

・荒天時に窓を守れる

第一のメリットが、荒天時に物理的な衝撃から窓を守れる点です。台風の際などは、強風によってさまざまな飛来物が窓にぶつかってくることが考えられます。万が一飛来物によって窓ガラスが割れれば、室内にも危険が及ぶでしょう。

シャッターを設置しておけば、こうした危険から窓を守ることができます。また、風雨が直接当たらなくなるため、窓が汚れにくくなる点もメリットです。近年は大型台風が頻発しているため、特に台風が多い地域ではシャッターの重要性が高まっています。

・防犯性が高まる

次に、防犯性が高まる点もシャッターのメリットとして挙げられます。泥棒や空き巣が住宅に侵入する際、主な侵入経路となるのは窓です。シャッターを窓に取り付けておけば、簡単には住宅に侵入されません。多くの泥棒や空き巣は侵入に時間をかけることを嫌うため、犯罪の抑止効果も期待できます。

・断熱効果が高まる

シャッターを設置することによって、窓の断熱効果が高くなります。特に西向きの窓で日差しが強い場合、シャッターを下ろしておくことで熱気を遮ることができるでしょう。冬場もシャッターを閉めることで、防寒対策になります。

■シャッターボックスの種類

一昔前のシャッターボックスは、単にシャッターを巻き上げるだけのものが主流でした。しかし、現在は住宅のデザインや快適性に配慮して、いくつかの種類が登場しています。以下では、シャッターボックスの代表的な2種類を紹介します。

・スリムタイプ

窓枠からの出っ張りを抑えた、スリムなシャッターボックスです。主張が少ないため、おしゃれな窓の雰囲気が損なわれません。窓の印象をすっきりさせたい場合に、おすすめのタイプです。

・ひさしタイプ

雨よけ、日光よけのためのひさしが設けられているタイプです。日光や雨にさらされると、シャッターは少しずつ劣化していきます。ひさしタイプのシャッターボックスであれば、シャッターを長持ちさせることが可能です。

■シャッターボックスは塗装が必要

外壁塗装のなどを依頼すると、シャッターボックスの塗装が見積もりに含まれていることがあります。「シャッターボックスに塗装が必要なのか?」と考える人が多いかもしれません。しかし、基本的にはシャッターボックスを塗装するのがおすすめです。

一般的にシャッターボックスはスチール製です。そのため、塗装をせずに長期間風雨にさらされると、錆びなどの劣化が生じます。色が変わって美観を損ねたり、穴が開いたりしてしまうことも少なくありません。

シャッターボックスを塗装しておけば、こうした劣化を防ぐことができます。シャッターボックスの交換には3~6万円の費用がかかるため、無駄な出費をおさえるためにも塗装しておくことが大切です。

シャッターボックスは、シャッターと同系統の色で塗装をするのが一般的です。反対に、塗装の厚みによって不具合が生じることが多いため、シャッター本体の塗装は通常行われません。

■シャッターボックスのお手入れ・修理は専門家に相談を

シャッターボックスを長く使用していると、汚れや異音、きしみといった不具合が起こることがあります。軽い汚れ程度であれば日常的なメンテナンスで解消できますが、明らかな不具合を一般の方が修理するのはおすすめできません。

シャッターボックスの修理には、専門的な技術と知識が必要です。一般の方が無理に触れると、シャッターボックスが治らないだけではなく、さらに状態が悪くなってしまう、怪我をしてしまうといった問題が起こることが考えられます。シャッターボックスに不具合が起きた際は、不用意に触らずに専門的な業者に相談しましょう。

■まとめ

シャッターボックスは、住宅の窓にシャッターを取り付ける際に必須の設備です。美観、および利便性のため、シャッターボックスも塗装を行いましょう。使用しているシャッターボックスに不具合が起こった場合は、確実な復旧のため専門的な事業者に対応を依頼してください。

column
新着リフォーム商品記事

2023.12.01

部屋や廊下が暗いなら採光性を向上できる高窓の設置がおすすめ!

2023.12.01

アルミサッシはちょっとした対策やリフォームで断熱性を向上できる!

2023.11.22

家の屋根・天井には天窓を設置して採光性や通風性をアップ!

2023.11.22

地窓がもたらすメリットやリフォームで設置したいスペースをご紹介!

COMING SOON

error: 右クリック禁止