カバー工法で窓が小さくなる?リフォームで注意したいこと

投稿日:2020.08.07

カバー工法の登場で、従来壁を壊すなどの大がかりな工事が必要だった窓リフォームはだいぶ手軽となりました。1日で完了、建て付けの悪さを改善して高断熱のお部屋に導いてくれるなど、何かとメリットが目立つ工法にも、いくつかの注意点があります。今回は、カバー工法に関する注意ポイントを中心にお話します。

■カバー工法で見た目や全体の印象が変わる

カバー工法は、今あるサッシの上から新品の窓ガラスをサッシごと被せる施工方法です。つまり、プラスされたサッシの分だけ窓ガラスの面積が小さくなります。目安として上下7㎝、左右5㎝程度の差ですが、見る人によってはだいぶ小さくなった印象を与えるかもしれません。

どの程度小さく見えるかは、元々のガラスサイズによって異なるでしょう。大きい窓の場合、小さくなってもそれほど気にしない方が多いです。しかし、元々小さい窓の場合は、小さくなった印象が際立つこともあり、気にする方もいます。

このように、カバー工法後の窓は見た目が大きく変わったり、全体の印象が変わって違和感が残ったりしやすい点に注意が必要です。おそらく、工事の前にリフォーム業者さんからこの点について説明があるはずですので、見た目が変わっても問題ないかどうか検討のうえ決めましょう。

カバー工法以外でサッシごと新しくする工法には、壁を壊してサッシを新設する方法があります。この施工であれば窓ガラスに対してサッシが不自然に大きく映ることもありません。しかし、壁を壊す必要があるのと、工期が伸びて工費も高くなるなどの注意点があります。どんな工法にも一長一短あるものなので、どれが最適か業者さんとよく話し合ってから決めることをおすすめします。

■実績と技術力のあるリフォーム業者に依頼を

わずか1日の工期で終了する工事といえば、いとも簡単に終わるように聞こえるかもしれません。しかし、そのようにスムーズに終わるのは、職人さんの手慣れた施工と段取りがあってこそです。カバー工法は技術的にも高いレベルが要求される工事で、出来栄えは職人さんの腕にかかってくるといっても過言ではありません。そのため、実績や技術力、地元での評判などさまざまな評価要素を調べて信頼の置けるリフォーム業者さんに頼むことが大切です。

普段生活していて気づきにくいですが、窓には建物の重みが常に加わっています。長く住んでいる家ほど歪みが生じている状態です。その歪み方も、家や場所ごとに異なります。窓一つひとつの歪み方に合わせて窓をリフォームする技術は並大抵のものではありませんし、この一点だけを見ても職人さんの技術力が重要なのは明らかです。

カバー工法の実績と技術力がある業者をどのように見極めるか? まず注意したいのが、「安さばかり求めないこと」です。リフォーム業者のなかには、費用の安さを売りにするところもありますが、技術レベルの高い施工にはそれなりの対価がつきものです。安さに釣られて頼んでみると、施工品質が低くて失敗に終わった、などの事例は少なからずありますので、相場情報を確認して異常に安いところは避けるなど自己防衛を図りましょう。

カバー工法の実績が豊富かどうかを見極める方法には、ホームページで紹介する施工実績数や施工事例などを確認する方法があります。地元で長く活動するリフォーム業者さんには、多くの実績があるうえに地元住民との結びつきも強いと思われますので、地元からリサーチする方法もおすすめです。

■窓ガラスの選定も大切

ガラスとサッシの選定を自由にできるところもカバー工法のメリットです。どのような性能のサッシやガラスを選ぶかで、お部屋の快適性が決まります。カバー工法であれば、性能のよいサッシとガラスを組み合わせることも難しくありません。

よく選ばれているのは、高断熱タイプのガラスおよびサッシです。真空ガラス・スペーシアの断熱性能は、1枚ガラスの4倍もあるといわれます。これに高品質の樹脂サッシを組み合わせることで、さらに高いレベルの断熱性能が期待できます。

窓ガラスにはたくさんの種類があり、メーカーが競って有力な製品を送り出しています。特長や性能も千差万別です。ガラスやサッシ選びを間違えると思った以上の効果が感じられないかもしれません。カバー工法をして満足できる製品はどのタイプか、目的にかなう製品はどれか、広く情報を集めて選びましょう。

■まとめ

窓のカバー工法で注意したいのは、まず以前と比べて窓ガラスが小さく見えてしまうこと。さらには、技術力の高いリフォーム業者選びにかかっている点と、ガラスとサッシの選定が大事である点を指摘しました。製品選びに関するアドバイスも期待できるプロの選定こそ、成功のカギを握ると言えるかもしれません。マドプロでは、カバー工法を得意とする技術力の高い業者さんとのネットワークも築いています。リフォームをご希望の際はお気軽にご相談ください。


マドプロはマッチングサイトです


COMING SOON

error: 右クリック禁止