安心

サムターンとは?基本的な構造や防犯対策の方法を解説!

サムターンは、玄関ドアに設置される鍵の一種です。鍵の使いやすさが優先され、簡単に操作できる構造になっています。

この特徴から、空き巣に狙われるケースも少なくありません。そのため最近は、防犯の必要性を指摘する声が増えてきました。

適切に対策すれば、空き巣被害を回避するのに役立つでしょう。

そこで今回は、サムターンの構造や防犯性の必要性をふまえ、効果的な防犯対策などをご紹介します。

 

サムターンの構造・防犯の必要性

サムターンとは、家の玄関ドアを室内からロックするために考案された鍵です。ただし、空き巣に屋外から開けられるケースが増え、防犯の必要性が生じています。

 

サムターンの構造

サムターンは、つまみを回して操作するタイプの鍵です。

通常、サムターンは、シリンダー錠とセットで家のドアに設置されています。シリンダー錠は、鍵を鍵穴に差し込んで操作するタイプです。基本的に鍵が合わないと開けられず、ドアの外側に設置されます。

それに対し、サムターンは、つまみ部分を指で回せば簡単に操作できる構造です。もともと、家の住人が室内から鍵を動かしやすくするため、手間のかからない仕組みが考えられたといわれています。

この目的に沿って、サムターンはドアの室内側に設置されます。

 

防犯の必要性

昨今、サムターンの防犯が必要になった原因は、空き巣が屋外から回して開錠する犯罪が増加したためです。

サムターンはドアの内側に設置されるため、普通は外側から操作できません。それでも、空き巣はさまざまな手口で工具をドアの内側に侵入させ、つまみ部分を動かすといわれています。

具体的な道具の侵入経路としては、郵便物の投函口が挙げられます。ドアスコープを取り外し、そこを侵入口に使うケースも少なくありません。また、ドリルなどでドアに穴を開ける場合もあります。

何も対策しないと空き巣被害を受けるリスクは小さくないため、防犯の必要性は高いと指摘されています。

 

サムターンの防犯対策

サムターンの防犯対策としては、つまみ部分をカバーしたり特殊なタイプに交換したりする方法が効果的です。

 

つまみ部分をカバー

つまみ部分にカバーをつける方法は、すぐに実施できる防犯対策です。

サムターンのつまみ部分は、周りにカバーがあると、空き巣が道具を侵入させても操作しにくくなります。専用のサムターンカバーは簡単に取り付けられるため、手間をかけずに防犯できます。

市販のサムターンカバーは、比較的安い値段で購入可能です。設置方法は、テープ式やネジ固定式から選べます。また、カバーの素材は、火などで焼かれるリスクを避けるため、スチール製をはじめ熱に強いタイプがおすすめです。

この方法なら、わずかな手間でサムターンの防犯性を高められることが期待できます。

 

特殊なタイプに交換

特殊なサムターンを設置する方法も、鍵の防犯対策として有効です。

特殊なサムターンとは、空き巣対策に特化した構造・機能が装備されたタイプを指します。具体的には、脱着式サムターン・スイッチ式サムターン・空転式サムターンなどがあります。

脱着式サムターンは、つまみ部分を取り外せるタイプです。必要なとき以外、つまみを外しておけば、空き巣に工具で操作される心配はありません。

スイッチ式サムターンは、つまみと付属のスイッチを一緒に操作する仕組みです。つまみ部分はスイッチを押さないと回せないため、空き巣対策になります。

空転式サムターンは、必要に応じて通常モードと空転モードに切り替えられるタイプです。空転モードはつまみが空回りするため、鍵は開けられません。

最近は、さまざまなタイプの特殊なサムターンが登場しています。ドアの規格に合うものであれば、簡単に交換できます。カバーだけでは防犯対策に不安がある場合、特殊タイプを設置する方法はおすすめです。

 

サムターンの交換が望まれるケース

サムターンの交換が望まれるケースは、使い勝手が思わしくないときです。鍵の操作に不具合が生じた場合、防犯対策とは別にリフォームする必要があるでしょう。

 

サムターンに不具合が起きる原因

玄関ドアのサムターンに不具合が起きる原因は、経年劣化や砂ぼこりの混入です。

一般的に、鍵の寿命は10~15年ほどといわれています。サムターンも同様であり、経年劣化が進むと、動きにくさや破損トラブルにつながります。つまみを回したとき、普段通りに動かせなくなるケースは少なくありません。

また、玄関ドアは日常的に雨風を受けるため、サムターンは内部に砂ぼこりが混入しがちです。多量の砂ぼこりがたまるとサムターンの動きは妨げられ、つまみが回せなくなる場合もあります。

これらの原因で鍵の操作に不具合が出てきたときは、サムターンを取り替えることが望ましいと考えられます。

 

サムターンの交換方法

サムターンの交換方法は、大きくサムターンのみ交換・シリンダーも交換・錠前全体を交換の3パターンです。

標準タイプのサムターンは、DIYで付け替えられるといわれています。

ドライバーでビスを除去して既存品を取り外せば、新しいものを設置できます。ただし、鍵の種類によっては専門的なスキルが必要であり、交換作業は簡単ではありません。

そのため、いずれのタイプを交換する場合も、確実に取り替えるなら専門業者に頼むことをおすすめします。

 

まとめ

サムターンは、簡単に操作できるところが特徴的です。

ただし、空き巣に狙われやすいため、専用カバーや特殊なタイプで防犯することが大切になります。また、不具合がある場合、鍵の交換が望まれます。

なお、サムターンの交換作業は簡単でないため、専門業者に頼むと安心・確実です。