知識

地窓がもたらすメリットやリフォームで設置したいスペースをご紹介!

地窓は、さまざまな窓のうち足元に設置される種類を指します。
多くのメリットがあり、最近はいろいろな用途で使われています。
この機会に具体的な利点を確認しておけば、
リフォームで設置するとき参考になるでしょう。
そこで今回は、地窓がもたらす主なメリットやリフォームで設置したいスペースをご紹介します。

■地窓がもたらす主なメリット

地窓は、部屋の床面近くに設置される窓です。
設置位置に特徴があり、さまざまなメリットが知られています。

・プライバシーを守りやすい

地窓がもたらす大きなメリットは、プライバシーを守りやすいところです。

もともと地窓は、室内のゴミやホコリを屋外へ掃き出すために設置されました。
人の出入りは目的でなく、基本的に高さはありません。
部屋の低い場所に取り付けられるため、
外の視線は遮られプライバシーは守りやすくなります。

通常、部屋が周りから丸見えになる心配はなく、カーテンは不要です。
室内にいるときは視界が広がり、開放感を得られるとともに屋外の景色を楽しめます。

・換気の効率がよい

換気の効率がよい点も、地窓がもたらす主要なメリットです。

一般的に部屋の空気は、冷たいと下方にたまり、暖かければ上方に集まります。
地窓を開けると、床付近にたまっていた冷たい空気が動かされ、
室内の空気は全体的に循環します。

部屋の空気を入れ替える際、大きな窓を開ける必要はありません。
そのため、地窓があれば効率よく換気できるといわれています。

・上部スペースは活用可能

地窓は、窓の上部スペースを活用できるメリットもあります。

部屋に地窓を取り付けた場合、上部は壁面のまま残るでしょう。
そこに棚や押入れを設置すれば、収納スペースとして使えます。
棚・押入れの位置は低くなるため、物の出し入れは楽になるといわれています。

あまり部屋が広くない場合、地窓を設置して上部スペースを有効活用すると、
室内の収納力を上げるのに効果的です。

■リフォームで設置したいスペース

家をリフォームするとき、地窓を設置したいスペースは、和室や玄関先・廊下です。
どこに設置するかで、地窓の役割や魅力には多少の違いが見られます。

・和室

和室は、地窓の使用例が多く見られる設置スペースの定番です。

基本的に和室では、床に座って過ごします。
目線は自然と低くなり、室内に地窓があると外の景色を眺めやすくなります。
また、周囲の視線が気にならないため、リラックスして過ごせるでしょう。

これらの特徴から、和室と地窓は相性のよい組み合わせといわれています。

・玄関先

玄関先に地窓を設置した場合、採光性を高めるのに効果があります。

家の玄関は、プライバシーを考えて大きな窓を設置しないケースが一般的です。
ただし、窓がないと玄関先は暗くなる傾向があります。
その際、地窓をつければ、屋外の光を取り込みやすくなります。

さらに、窓からゴミやホコリを掃き出せるため、
玄関の扉を閉めたまま掃除するのにも便利です。

・廊下

廊下は、地窓の設置により採光性を高められるとともに、
開放感を得られる可能性もあるスペースです。

多くの家で、廊下は両側を壁に挟まれています。
日中でも、暗く感じるケースは少なくないでしょう。
地窓を設置すると外から足元に光が射し込むため、採光性を向上できます。

また、視線の先に屋外の景色が見えれば、
廊下の幅が広くなくても開放感は増すと期待できます。

■ニーズに合わせたタイプ選び

家のリフォームで地窓を設置するときは、
ニーズに合わせて窓のタイプを検討することが大切です。
適切なタイプを選べば、地窓のメリットを活かしやすくなります。

・採光性・開放感の向上が目的

採光性・開放感の向上を目的として地窓を設置する場合、
固定タイプのFIX窓がおすすめです。

部屋や廊下の採光性と開放感を高めるだけなら、
地窓は開閉できなくても差し支えありません。
その場合、壁にはめる窓枠は、開閉式の窓に比べると細めのタイプを選べます。

窓枠が細ければ、それだけ太陽光を室内に取り込める量は増えるでしょう。
また、視界を遮るものが減ると、外の風景が見える範囲は広くなり、
開放感は高まると考えられます。

これらの理由から、窓を開ける必要がない場合、FIX窓が適しています。

・換気や掃き出し用に使いたい

地窓を部屋の換気や掃き出し用に使用したい場合、ニーズに合うのは開閉できるタイプです。

部屋の空気を入れ替えたり玄関からゴミを掃き出すときは、
地窓を開ける必要があります。
FIX窓は条件に合わないため、開閉式を選ぶことが求められます。
換気や掃除が主な目的なら、窓枠の太さは気にならないでしょう。

ただし、いずれの目的でも、窓のサイズには注意が必要です。
あまり小さい地窓を設置すると、採光性・開放感の向上は見込みにくいうえ、
換気の効率が下がる可能性もあります。
また、ゴミを掃き出すときも、不便を感じるかもしれません。

窓の使い勝手を考えた場合、家に設置する地窓は、
プライバシーを守れる範囲で大きめのサイズを選ぶとよいでしょう。
具体的なサイズやデザインで迷った際は、専門業者に相談することをおすすめします。

■まとめ

地窓は、室内のプライバシーを守りつつ屋外から光を取り込める設備です。
また、設置場所によっては、周りの景色を楽しめるメリットもあります。
愛着のある住まいを採光性などの優れた快適空間にリフォームするなら、
地窓の設置はおすすめです。