引き戸から開き戸へのリフォームは出来る?メリットとデメリットは?

投稿日:2018.11.13

引き戸

 

 

みなさん、こんにちは!
Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

 

お家のドアが開きドアだけど、引き戸に変えたいと検討されている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

今日はそんな引き戸について書いていきます!

 

 

■開き戸と比較した場合の引き戸のメリット・デメリット

 

【メリット】

・スペースを有効活用できる

・車椅子の方でも開閉しやすい

・開けっ放しにしたり、少しだけ開けておくことも出来るので、開放感を出したり、風を通すのに◎

 

【デメリット】

・開き戸に比べるとコストがかかる

・気密性が低い(プライベート空間や音漏れが気になる場所には不向き)

・扉を引き込むためのスペースが横に必要

 

 

引き戸のメリットはなんといっても開け閉めのスペースを取らないことです!

トイレや浴室等のスペースが限られる場所にはもちろん、家具を配置できる場所の自由度が増すので、色々な場所にオススメなドアといえますね!

また最近の住宅ですとトイレは外開きのことが多いですが、古い住宅の場合内開きの場合も。内開きだといざという時に、中で倒れている人の身体で扉が開けられない危険性も高まります。

引き戸であればそういった場合でも開閉が出来ますし、車椅子での開け閉めもスムーズ。
ご高齢の方や一緒に暮らしているご家族の方には、特に引き戸がオススメです。

 

一方、デメリットとして

横に扉をスライドさせるためのスペースが必要です。新築の設計段階の場合はどうにか出来ますが、

既に開き戸のところを引き戸へリフォームする場合は、扉を引き込むスペースが確保できることが重要です。

 

 

ちなみに引き戸と一口に言っても種類は色々とあります。

引き戸の種類についてはまた次回♪それではまた!

 

電話でのご相談メールでのご相談

COMING SOON

error: 右クリック禁止