内窓のリフォーム費用はいくら?知っておきたい基礎知識

内窓のリフォーム費用は、1窓あたり約30,000円~140,000円が相場です。工事内容や選ぶガラスの種類などによって、費用は大きく異なります。こちらでは、内窓リフォームの費用や補助金情報に加え、内窓リフォームの基礎知識をご紹介します。

■内窓のリフォームとは?

「内窓」とは、既存の窓の室内側にさらに窓を追加して設置する方式を指します。これは一般的な窓に加えて、内部にもう一枚の窓を設けることで、窓全体が二重構造になることからその名がついています。なお、内窓は「二重窓」や「二重サッシ」などとも呼ばれ、これらは全て同じ意味を持つ言葉です。

この内窓の設置は、断熱効果や遮音効果の向上を目指すリフォームによく取り入れられます。特に冬季の寒さ対策や、騒音が気になる地域に住む家庭では、内窓が有効な選択とされています。

なお、内窓を設置する際には、窓の種類や材質、窓ガラスの性能などによって効果が異なります。また、窓の取り付け位置や設置方法も重要となるため、リフォームを検討する際にはプロの意見を聞くことをおすすめします。

・内窓リフォームのメリット

もっとも大きな利点は断熱性の向上です。窓は冷気や暖気が出入りしやすい開口部と言えます。二重窓にリフォームすることで、内外の空気の通り道を阻めます。この結果、窓と窓の間の空気層が断熱材として働き、室内の温度を一定に保てるようになるのです。

断熱性向上は、エネルギー効率を改善し、エアコンや暖房器具の使用頻度を下げることにつながります。これは家計にも優しく、電気代の削減にもつながります。

さらに、結露の発生を抑制できる点もメリットです。結露はカビの発生原因となり、健康被害を引き起こす可能性があります。二重窓は室内外の温度差を縮小し、結露の発生を抑制してくれます。

防犯面でも二重窓は優れています。窓ガラスが二重になることで、不法侵入者が侵入を躊躇する可能性があります。また、二重窓では鍵が2カ所につくため、より防犯意識が高い家という印象を与えられます。

また、二重窓は防音性も向上します。窓を二重にすることで、音の伝播を抑制し、静かな室内環境を維持します。この防音性は、外からの騒音だけでなく、室内の音が外に漏れ出るのを防ぐのにも効果的です。

■内窓のリフォームにかかる費用はいくら?

内窓の取り付けに要するリフォームの費用は、選択する内窓のタイプやグレードにより大きく左右されます。以下の金額は平均的な範囲を示しているため、参考値としてご覧ください。

小さな窓、例えば浴室や洗面所などの窓に対する内窓の設置は、約30,000円から60,000円程度を見込むことが多いです。中窓(腰高の窓)については、約40,000円から80,000円が一般的な価格帯となります。一方、掃き出し窓のような大きな窓の場合、その費用は約100,000円から140,000円となります。

ただし、これらの価格は業者により異なる可能性がありますので、リフォームを検討する際には事前に各業者から見積もりを取ることをおすすめします。

・補助金の活用で内窓リフォームの費用を抑えよう

2023年現在、内窓リフォームに対する補助金制度として、「先進的窓リノベ事業」と「こどもエコすまい支援事業」があります。

これらの制度は内窓リフォームに限定されたものではなく、外窓の改修や床の断熱リフォームなど、他のエリアへも適用可能です。しかし、制度自体が多少複雑なため、今回は内窓リフォームに焦点を当てて説明します。

先進的窓リノベ事業

「先進的窓リノベ事業」では、Low-E 複層ガラスなど高性能な内窓のリフォームが対象となります。補助金の額は、窓のサイズや仕様により異なりますが、1窓当たり30,000円から124,000円を受け取ることが可能で、その上限は200万円となっています。

こどもエコすまい支援事業

「こどもエコすまい支援事業」は、一般的な内窓のリフォームも対象に含まれます。ただし、対象となる製品は居住地域により異なるため、注意が必要です。この制度では、1窓につき15,000円から23,000円(サイズにより異なる)の補助が受けられ、最大で30万円まで申請が可能です。さらに、若い夫婦や子育て中の家庭が条件に該当する場合、補助金の上限額が60万円まで引き上げられます。

補助金は併用可能

「先進的窓リノベ事業」と「こどもエコすまい支援事業」は同時に利用することが可能です。しかし、重要な点として、同一の内窓に対して二重に申請することは許されていません。

また、両方の補助金を申請するためには、補助金の合計額が5万円以上でなければなりません。そのため、複数の内窓リフォームを一度に行うことで、より経済的になることがあります。

なお、「先進的窓リノベ事業」または「給湯省エネ事業」の補助金が決定している場合は、「こどもエコすまい支援事業」の補助金合計額が2万円以上でも申請可能になります。

■まとめ

内窓の取り付け・交換には少なくない費用がかかりますが、断熱性・遮音性向上や防犯対策に効果的であり、おすすめのリフォームです。補助金などを活用することで費用も抑えられるので、ぜひご検討ください。

column
新着リフォーム商品記事

2024.02.22

窓のリフォームで快適な住環境を手に入れよう!

2024.02.16

結露対策のための窓リフォーム方法とポイント

2024.02.08

 地方の戸建て住宅における窓の結露問題とその対策

2024.02.02

暖房をつけても部屋が寒いときは内窓を設置して悩み解決!

COMING SOON

error: 右クリック禁止