マンションのサッシは自由に交換できない?サッシを交換するメリットなどもご紹介!

マンションのサッシは、劣化が進むと断熱性や遮音性が低下します。室内が外気の影響を受けやすくなったとき、また屋外の物音が気になる場合は、サッシを交換すると問題を解決するのに効果的です。ただし、任意で交換できるとは限りません。そこで今回は、マンションでサッシを交換するのに必要な手続きをふまえ、サッシを交換したときのメリットや一般的な交換方法などをご紹介します。

■マンションのサッシを交換するには

マンションのサッシは、入居者が自由に交換できないケースが一般的です。通常、管理組合の了承が必要になります。

・マンションのサッシは共用部分

マンションのサッシは、すべて共用部分に該当します。各部屋のサッシも例外でなく、共用部分の範囲内です。

そのため、入居者が自室のサッシを交換したいと考えた場合、まず管理組合に連絡を入れるのが基本です。管理規約に個人で交換可能と明確な規定がない限り、無断で交換すると規約違反になる可能性があります。

一般的に、入居者がサッシの交換を希望すると、管理組合で協議します。協議により希望が通ると、サッシの交換が実施される流れです。通例として希望者の部屋だけ特別扱いされることはなく、全部屋が交換対象になります。

・サッシを任意に交換できるケース

マンションのサッシを任意で交換できるケースは、国土交通省発行の「マンション標準管理規約」に示されています。

ここに例示されたケースに該当する場合、管理組合の了承がなくても自室のサッシは任意で交換可能です。管理組合による協議・採決は必要ありませんが、交換費用は自己負担になります。

また、管理規約に任意で変更可能な範囲が示されている場合も、その範囲内であれば個人的に自室のサッシを交換しても問題ありません。いずれのケースが該当するか事前確認しておけば、規約違反になるリスクを減らせます。

任意で交換可能か疑問・不明点があるときは、詳細について管理組合に問い合わせるとよいでしょう。

■サッシを交換するメリット

マンションで部屋のサッシを交換すると、断熱効果や遮音効果などのメリットを得られます。

・断熱効果

断熱効果は、自室のサッシを交換したときに得られる代表的なメリットです。

マンションに限らず、家屋で熱が出入りしやすい場所は窓といわれています。建築関係の会社によれば、夏の暑さは約7割が窓から入り、冬に室内の熱は6割が窓から逃げるとのデータが示されています。

マンションのサッシで経年劣化が進んでいると、以前より空気は出入りしやすくなっているケースは少なくありません。その場合、部屋のサッシを交換すれば、断熱効果を高めるのに有効です。

サッシの交換により室内を快適に保ちやすくなり空調の使用回数が減ると、省エネや光熱費の節約にもつながります。さらに、部屋の断熱性が高まると外気の影響による結露が起きにくくなるため、サッシの交換はカビの発生を抑えるにも有効な方法です。

・遮音効果

遮音効果も、マンションのサッシ交換で見込まれるメリットの代表例です。

マンションを含めた家屋の窓からは、室内や屋外の音も出入りします。窓の遮音性が低い場合、室内で大きな音を出すと近所に迷惑をかける恐れがあります。夜間は、外が騒がしいと落ち着いて眠れなくなることもあるでしょう。

遮音性の高いサッシに交換した場合、室内からの音漏れを防ぐのに効果的です。テレビやネット動画は、好きな音量で視聴しやすくなります。また、夜間も、外の騒音に悩まされず静かに眠れるようになると期待できます。

なお、マンションでサッシ全体の交換が難しい場合、ガラス部分を交換するだけでも効果を得られます。ガラスだけなら、任意での交換を許可されるケースが多く見られます。

■マンションのサッシを交換する方法

マンションのサッシを交換する場合、最近は既存のサッシを撤去しないカバー工法を用いるケースが一般的です。

・カバー工法の交換事例

マンションで実際にカバー工法が用いられた事例のひとつでは、以下の手順で設置作業が進められました。

このケースで最初に行われた作業は、サッシ回りの養生です。次に障子を外し、それから既存のサッシのレール部分に新しいものを設置するための下地を取り付けています。

下地を取り付けた後は、新しいサッシを設置しています。最後に、障子を元に戻したら作業完了です。サッシの交換により、部屋の断熱性や遮音性が向上したといわれています。

なお、以上の事例では、外観を変えない条件で入居者によるサッシの交換がマンションの管理組合から許可されています。

・費用相場・注意点

マンションでサッシの交換にかかる費用は、数十万円前後が相場です。上記の例では、1カ所あたり約30万円かかっています。

実際の価格は、サッシのサイズや設置する種類のグレードで変わります。決して安くありませんが、断熱性に優れたタイプなら光熱費の節約は難しくないため、比較的に短期間で交換費用を回収できるでしょう。

個人でサッシを交換する場合、交換当日は業者の出入りや作業音で周りに迷惑をかける可能性があります。交換作業に伴うトラブルを避けるには、あらかじめ隣人に挨拶しておくなどの配慮が必要になります。

■まとめ

マンションでサッシを交換した場合、断熱性や遮音性が高まり快適に過ごしやすくなるところは大きなメリットです。一般的な交換方法はカバー工法であり、大きな音が発生しにくいため、騒音トラブルは避けやすいと考えられます。

column
新着リフォーム商品記事

2023.11.22

家の屋根・天井には天窓を設置して採光性や通風性をアップ!

2023.11.22

地窓がもたらすメリットやリフォームで設置したいスペースをご紹介!

2023.11.17

家の採光性を高めて外観をオシャレに見せるなら出窓がおすすめ!

2023.11.17

サッシを修繕するとき知っておきたい塗装のタイミングや手順をご紹介!

COMING SOON

error: 右クリック禁止