窓断熱とは?窓を断熱する方法と得られるメリット

窓断熱とは?窓を断熱する方法と得られるメリット

窓断熱とは、文字通り窓から出入りする熱を断絶することです。住宅の壁などには通常断熱材が入っており、夏の暑さや冬の寒さが室温に影響しにくいようになっています。

しかし、窓ガラスには断熱材が入れられないため、住宅の中でもっとも断熱が弱い部分なのです。そのため、夏場に冷房の効いた室内に外の暑さが入ってきたり、冬場に暖房の効いた室内の熱が外に出ていったりするのは、主に窓からということになります。

今回は、窓を断熱することで得られるメリットや、窓断熱の方法をご紹介します。

■窓断熱の効果

窓は住宅の中でもっとも断熱が弱く、外の気温の影響を受けやすい部分です。まずは、窓を断熱することで、どんなメリットが得られるかをご紹介します。

・室温を快適に保てる

熱は高温から低温に流れる性質があるため、室温と外の温度差が激しい夏や冬は、窓からより多くの熱が出入りします。室内の温度を快適に保つなら、窓を断熱するのがもっとも効果的といえるでしょう。窓を断熱して屋内外からの熱の流れをとめられれば、室温をより快適に保てます。

・結露の防止

室内と屋外の温度差が激しいときは、結露が発生しやすくなります。結露はカーテンや窓付近のカビの発生や住宅の劣化を招く恐れがあるため、注意が必要です。窓を断熱すれば、屋外と室内の温度差が抑えられるため、結露の防止にも役立つでしょう。

・光熱費の削減

窓の断熱性能が低いと、冷房や暖房を使用していても熱が流れてなかなか部屋が快適な温度になりません。適温にするためには冷暖房を強くしなければならないため、光熱費がかさんでしまいます。

窓の断熱性能を高めて熱の出入りを遮断すれば、冷暖房の効きが良くなり、光熱費の削減につながるでしょう。

・ヒートショック現象の防止

温かい部屋から寒い外へ移動するときなど、急激な温度変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患につながることをヒートショック現象といいます。窓の断熱性能が高ければ、外の気温が室温へ影響しにくくなり、寒暖差が抑えられるためヒートショック現象の防止も期待できるでしょう。

■窓を断熱する方法と費用相場

窓を断熱する方法としては、大きく分けて2種類あります。少々大がかりですが、リフォームを施す方法と、手軽にDIYで窓断熱をする方法です。

ここでは、窓断熱の方法とそれぞれの費用相場をご紹介します。

・リフォームで窓断熱する方法

*断熱ガラスに交換する

通常、窓には「単板ガラス」と呼ばれる一枚板のものが使われています。単板ガラスからリフォームするのにオススメなのは、真空ガラスと言われるものです。真空ガラスは2枚のガラスの間を真空にすることで断熱性能を高めています。さらに、Low-E膜と呼ばれる特殊な膜を使っているのでより高い効果が期待できます。

断熱ガラスは、ガラスの種類やサイズ、厚みにより異なります。価格の高いものほど断熱効果が高いといえるため、予算に合わせて選びましょう。

*二重窓を設置する

既存の窓はそのままに、室内側に新たに内窓を設置する方法です。

窓が二重になることで既存窓と内窓の間に空気の層ができて、外の熱や音が伝わりにくくなるため、断熱効果と防音効果が期待できます。内窓のガラスを断熱ガラスにすると、より断熱効果が高まります。

二重窓にする場合の費用は、トイレや洗面所などの小窓サイズ(本体価格)で5万円~が目安です。窓の大きさやサッシ、ガラスの種類などによって大きく変動します。

*窓を交換する

窓はアルミ製のものが一般的ですが、アルミサッシは熱伝導率が高いため断熱効果が期待できません。アルミサッシを、熱伝導率の低い樹脂製や木製のサッシへ交換すれば断熱性を高められます。内窓をつけるときも、樹脂製や木製のサッシにするのがおすすめです。

サッシの交換には、既存サッシの上から取り付ける方法と、既存サッシを外して新しいサッシを取り付ける方法の2通りあります。既存サッシを外す場合は外壁の工事が必要になるため、さらに費用が掛かります。

・DIYで窓断熱する方法

*断熱ボードを設置する

マンションなどの賃貸物件では、自由に窓断熱できない可能性があります。断熱ボードなら、窓に立てかけるだけで断熱効果が得られるため、規約が厳しいマンションにお住まいの方でも安心です。

断熱ボードは、ホームセンターなどで1,000~3,000円前後で購入できます。

*断熱カーテンをつける

断熱性の高いカーテンを使用するだけでも、窓断熱の効果が十分期待できます。

ただし、カーテンと床の間に隙間があると断熱効果が低下してしまうため、大きめサイズを購入しましょう。結露ができやすいというデメリットがあるため、結露対策をしておくことも大切です。

結露対策に、定期的な換気をしてください。

断熱性の高いカーテンは、通常のカーテンよりも高めの価格設定になっているのが一般的です。サイズによっても異なりますが、費用は5,000~3万円前後が目安になります。

■まとめ

窓断熱で得られるメリットや、窓断熱の方法、費用相場などをご紹介しました。窓は住宅の中でもっとも熱が出入りしやすい部分であるため、断熱することでさまざまなメリットがあります。冷暖房の効きの悪さや結露にお悩みの方は、ぜひ窓の見直しをご検討ください。

column
新着リフォーム商品記事

2024.02.22

窓のリフォームで快適な住環境を手に入れよう!

2024.02.16

結露対策のための窓リフォーム方法とポイント

2024.02.08

 地方の戸建て住宅における窓の結露問題とその対策

2024.02.02

暖房をつけても部屋が寒いときは内窓を設置して悩み解決!

COMING SOON

error: 右クリック禁止