汚れた窓に!誰でも簡単にキレイにできる窓掃除の方法を紹介

投稿日:2022.07.29

皆さんは普段からご自宅の窓掃除は行っていますか?
年末の大掃除以外なかなか手を付けていない方も多いのではないでしょうか?

案外面倒と思う窓掃除ですが、今回は誰でも「簡単に」「キレイに」できる窓掃除の方法をご紹介します。

■窓掃除に必要な道具とは?

まずはじめに、窓掃除に必要な道具を確認しましょう。

<必要なもの>

  • バケツ
  • 雑巾(新聞紙でも可)
  • 使わなくなった歯ブラシ
  • ペーパーモップ

<あると便利なもの>

  • 炭酸水
  • スプレー容器

■窓掃除(ガラス・網戸・サッシ)の方法

窓にはさまざまな汚れがつきます。
外側には空気中に含まれるちりや泥、花粉などが、内側には手垢やホコリなどがついて汚れています。

ただ、これらの汚れはどれも簡単に取れ、ガンコにこびりつくことはほとんどありません。

基本的には拭き掃除だけで十分落ちることがほとんどです。

➀ガラス拭き

ガラス拭きはとても簡単で、雑巾や新聞紙で水拭きと乾拭きをするだけで汚れがほとんど取れます。汚れの少ない内側から外側の順番で掃除すると効率的です。

新聞紙の繊維は布よりもほつれにくく、汚れを効果的に絡め取り、さらに新聞の文字につかわれているインクに「ツヤ出し効果」があります。

②網戸

網戸は、クイックルワイパーのようなペーパーモップで掃除をすると楽にキレイに掃除ができます。

軽い力で、縦横にモップを動かして網戸の両面を拭いていきますが、外側から拭く際は、室内に網戸の汚れが入らないように窓ガラスは必ず閉めて行いましょう。

➂サッシ

最後は、一番汚れが溜まっているであろう、窓サッシを掃除します。

窓ガラスと網戸だけを掃除して、このサッシの掃除を見逃す方も多いですが、窓のサッシはホコリや砂がたまって真っ黒になっていることもあるので掃除することをおすすめします。

まずは水と歯ブラシを使っておおまかな汚れをかき出し、新聞紙や雑巾で拭き上げてください。

これをキレイになるまで何度も行うだけで掃除完了です。
※炭酸水を使うと汚れが浮きやすく、掃除効率がアップします。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。
誰でも簡単に、ご自宅にあるものでキレイに窓掃除ができますよね。

窓がキレイだととても気持ちが良いものです。可能であれば2~3ヶ月に1回程度は窓の掃除を行い、ピカピカの窓から太陽の光を感じてくださいね。

マドプロはマッチングサイトです

COMING SOON

error: 右クリック禁止