窓のカバー工法|メリットや注意点、費用について

投稿日:2020.07.30

「断熱効果を上げて過ごしやすい部屋に」

「窓の歪みを直して開閉をスムーズに」

このような問題を解決してくれるのが、窓のカバー工法です。断熱化を目的に、この方法でリフォームされる方は多くなっています。今回は、窓のカバー工法のメリットや注意点、費用についてご説明します。

■窓のカバー工法とは?

昨今のトレンドともいえる窓のカバー工法。この施工の最大の特徴は、「壁を壊すことなく、サッシを新しくできる」こと。従来、壁に埋まったサッシを新しくするには、壁を取り壊して旧サッシを撤去し、新品に付け替える必要がありました。それがこのカバー工法の登場により、「サッシを上から被せる」だけのシンプルな施工だけで、まったく新しい窓への交換が可能になったのです。

・工事手順

  1. ガラス戸を外す
  2. 新しいサッシの取り付け。旧サッシの上から被せるだけ!
  3. 新しいガラス戸を設置

これだけの作業で工事は完了。午前中に工事をはじめたとしたら、夕方ごろには終わっています。浴室やトイレ、寝室もその日のうちにご使用が可能です。

・事例

  • 浴室の窓リフォーム
  • トイレの防犯窓リフォーム
  • リビングの腰窓・掃き出し窓リフォーム
  • 寝室の窓断熱リフォーム  など

カバー工法は場所や製品を問いません。さまざまな用途や目的に合わせて窓リフォームができます。

■窓のカバー工法のメリット

窓のカバー工法にはさまざまなメリットがあります。

・すき間風問題を解消

サッシを含む窓全体が新しくなるので、歪みやすき間などの問題が解消。「窓が開けやすくなった」「すき間風がなくなった」といった満足感を得やすくなります。

・断熱リフォームに対応

カバー工法はお部屋の断熱性アップを目的とするリフォームにこそおすすめです。高断熱ガラス・サッシへの交換対応も問題なく、「真空ガラス スペーシア」や、アルミ樹脂サッシなどを採用することで窓全体の断熱性アップが期待できます。カバー工法であればこのような性能アップの工事も簡単です。

・窓の種類を換えられる

カバー工法なら異なる開閉タイプの窓交換も可能。換気の必要がなくなった窓をFIX窓に交換したり、引き違い窓を滑り出し窓に変更したり、柔軟に対応できます。

・施工範囲が最小で済み、騒音被害も少ない

カバー工法の施工範囲は窓枠のみ。壁を壊すなどの大がかりな工事は必要なく、騒音とも無縁です。住居に過度な負担をかけることもないので、強度に心配のある住宅でも比較的柔軟に対応できます。

・見た目がキレイになる

窓が新しくなって見た目のキレイさもアップ。外観やインテリアの雰囲気もよくなります。
窓のカバー工法の注意点

窓のカバー工法で注意したいのは、工事前より窓ガラスが小さく見えるようになること。新しいサッシは古いサッシの上に被せます。その影響でガラス面積はどうしても小さくなるのです。もともと大きかった窓ガラスであればそれほど気にならない人が多いです。しかし、サイズの小さい窓ほど目立ってしまうかもしれません。見た目に多少の違和感が残る恐れに注意してください。

なお、窓サイズを変えることなくサッシごと新しくするには、壁を壊す工事が必要です。その際は費用も高くなり、工期も長くなります。どれが最良の方法かリフォーム業者さんとご相談のうえお決めください。

■窓のカバー工法の費用相場

窓のカバー工法はサッシの撤去や壁の修復などが必要ない最小限度の施工なので、従来工法と比べてお安い費用で済みます。以下はマドプロの参考価格となります。

アルミ樹脂複合サッシ+スペーシア アルミ樹脂複合サッシ+ペアガラス アルミサッシ+5㎜厚ガラス
テラスサイズ 352,000円 278,000円 179,000円
腰窓サイズ 255,000円 214,000円 165,000円

※スペーシアのガラス厚は10㎜

※テラスサイズは高さ1.8m×幅0.8m×ガラス2枚 腰窓サイズは高さ0.9m×幅0.8m×ガラス2枚で算出

※工事費込み、消費税別

※2019年12月算出の価格

カバー工法の費用は、選ぶ窓ガラスやサッシの性能レベル次第で大きく変わってきます。一般的に高断熱製品は高値となる傾向。施工費用や諸経費などはリフォーム業者によって変わるため、事前のお見積もりでトータル費用や内訳をご確認ください。

窓の断熱リフォームは補助金対象となります。費用を抑えることに役立ちますので、ぜひこれらの制度を活用しましょう。補助金制度に関する方法はこちらでご案内しておりますので、参考にしてください。

■まとめ

カバー工法は新しいサッシをそのまま被せるだけの、最小の施工と短い工期で済む工法です。高断熱の窓ガラス・サッシへの交換も可能。断熱リフォームにピッタリの工法ともいえます。何かとメリットが目立つ一方で、施工後の窓が小さく見える注意点などがあります。費用も選ぶ窓製品によって大きく変わってくるので、事前のお見積もりで詳しくご確認ください。窓のカバー工法や、断熱リフォームで使える補助金情報に関するご相談は、リフォーム業者にお問い合わせ下さい。


マドプロはマッチングサイトです


COMING SOON

error: 右クリック禁止