窓を小さくリフォームできる?暑さ・寒さ対策

投稿日:2019.06.18

窓を小さくリフォーム

みなさんおはようございます!
Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

カラッとした暑さは気持ちいいですね!
ただ日差しは夏本番を思わせる強さですね…。
紫外線対策、忘れずにしていきましょう!

部屋の暑さや寒さの原因の一つである「大きすぎる窓」。
見晴らしは良いのですが、部屋の寒暖に大きく影響を及ぼす為、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
今日はその「大きすぎる窓」への対策方法をご紹介します。

■窓を小さくするリフォームは出来るのか?

窓からじんわり伝わる暑さやヒヤッとする冷気を防ぐために、大きすぎる窓を小さくしたいと考える方も多いのではないでしょうか。
実際に、窓を小さくすることは可能です。
ただし、大掛かりな工事が必要になります。

例えば、壁を大きくして(増やして)窓を小さくする場合、外壁を足したり壁紙(クロス)を貼り足すなど、
大工さんによって様々な工程を経て完成となります。
一日で終わらせることは難しくなりますので、時間に余裕を持ったスケジューリングも大切です。

■窓を小さくする以外の解決策は?

暑さや寒さの解決を目標にしているのであれば、窓を小さくする以外にも解決方法はあります。
オススメは以下3つの方法です。

ガラス交換

窓が大きいということは、窓ガラスの面積も大きいということです。
ペアガラスなどではなく昔ながらの一枚ガラスを使用している場合は、断熱性能が非常に低いため暑さや寒さをそのまま伝えてしまいます。
そこで、窓ガラス自体を高性能なものにするガラス交換という方法があります。
見た目もほとんど変えることなくリフォーム可能です。

内窓(二重窓)の設置

ガラス交換ではサッシが古いままなので、サッシの断熱性は低いままとなります。
そのため、今ある窓の内側にもう一つ窓を取り付けることもオススメの方法です。
サッシごと覆うように取り付けるので、サッシからの暑さや冷気を伝えづらくします。
ただし、窓を開ける際には2回窓を開ける動作が必要になるため手間が増えてしまう点には注意です。

カバー工法

サッシもガラスも、窓をすべて新しくしたいという場合はカバー工法がオススメです。
壁を壊さずに、今あるサッシの上から新しいサッシをかぶせる工法です。
断熱性の高いサッシやガラスを選ぶことで、暑さや寒さをグッと軽減することが出来ます。
またピタッとすき間なく取り付けるため、隙間風が入り込むのを解決します。

もし暑さや寒さが原因で窓を小さくしたいとお考えの場合、一度窓を小さくする以外の方法も検討してみてはいかがでしょうか。
マドプロでは窓リフォームを得意としている登録店をご紹介しています。
ぜひ一度お気軽にご相談ください♪


マドプロはマッチングサイトです


COMING SOON

error: 右クリック禁止