防犯ガラスのオススメは?~窓の防犯対策~

投稿日:2019.05.16

割れた窓ガラス

 

みなさんおはようございます!
Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

 

以前の記事で、空き巣対策には”窓の防犯をすることが重要”というお話をしました!(前回の記事はこちら

記事の中で防犯ガラスの設置をオススメしていますが、防犯ガラスと一口に言っても効果は商品のグレードによって異なります。今回は、防犯ガラスの種類について詳しく説明していきます!

 

■防犯ガラスの商品名

各メーカーから防犯ガラスが出ていますが、代表的な商品はこちらです。

・セキュオ (日本板硝子)

・セキュレ(AGC)

・ラミレックスBG(セントラル硝子)

各社同じ構成の防犯ガラスが出ているので、防犯性能は商品の違いというよりも、選ぶグレードによって大きく変わってきます。

 

 

■防犯ガラスのグレード

防犯効果を左右するのが、ガラスとガラスの間に含まれている特殊な中間膜の厚さです。

どのメーカーでも中間膜が厚くなるほどグレードが高く、効果も高くなっていきます。

 

☆(中間膜の厚さ30ミル)約0.8ミリの中間膜を挟み込んだガラス

製品:「セキュオ30」「セキュレレベルⅠ」「ラミレックスBG30」

☆(中間膜の厚さ60ミル)約1.5ミリの中間膜を挟み込んだガラス

製品:「セキュオ60」「セキュレレベルⅡ」「ラミレックスBG60」

☆(中間膜の厚さ90ミル)約2.3ミリの中間膜を挟み込んだガラス

製品:「セキュオ90」「セキュレレベルⅢ」「ラミレックスBG90」

☆(中間膜+ポリカーボネート板)約0.5ミリの中間膜に、1.2ミリのポリカーボネート板を挟み込んだガラス

製品:「セキュオSP」「バンガード」

 

中間膜が厚くなっていくほど価格も高くはなってしまいますが、防犯対策としては最低でも中間膜の厚さが60ミル以上、

理想は中間膜+ポリカーボネート板を挟み込んだ防犯ガラスがオススメです。

 

ご自宅の状況やご予算、ご希望によっても最適な窓の防犯対策は異なります。

お住まいの住居や店舗など、防犯対策でお悩みの方は是非一度マドプロまでお問合せください。

 

お問合せ、無料見積りはこちらから。

 

 

 

COMING SOON

error: 右クリック禁止