網戸のホコリやカビにご注意!

投稿日:2019.06.27

網戸

 
おはようございます!
Mado pro(マドプロ)スタッフです。

気温の変化が激しいですが、みなさん体調は大丈夫ですか?体調が悪い時には様々な感染症や病気にもかかりやすいのでより一層注意が必要ですね!

今日は意外と怖い網戸のホコリやカビについて書いていきます!

 

■網戸のホコリやカビ、放置していると危ない!?

以前テレビで、風邪にかかっていた方があることが原因で「アスペルギルス症」を発症してしまうという事例を紹介していました。

そのあることとは、「窓の換気」。ホコリがたまり、カビが繁殖した網戸を通して換気したことで、室内にカビが蔓延したことが原因だそうです。

空気中に舞うカビは健康な状態の人が吸い込んでしまっても問題ないですが、風邪等で免疫力が落ちている人は吸い込んだカビが肺で繁殖し、アスペルギルス症になってしまう場合があるとのことでした。

 

■網戸のホコリやカビの取り方

ホコリがたまってカビが繁殖しやすい網戸。しばらくお手入れしていない網戸がある場合は掃除をしましょう!

普段のお手入れは、化学モップで軽くホコリを取るか、掃除機でホコリを吸い取ります。

化学モップを使うときは、網戸と平行にして少し回転させるように動かすと、網に力がかからずにホコリをよく取ることができます。

 

念入りに掃除する場合は、

①網戸を外し、全面に水をかける

②水に浸したスポンジ、またはナイロンブラシに住まいの洗剤をスプレーし、網戸の両面をタテ・ヨコ・ナナメにこする。

③そのまま5~10分ほど放置した後、水をかけて汚れや洗剤分を洗い流す。

④水を切り、乾いたぞうきんで水気を拭き取るか、網戸を立てかけたまま自然乾燥させましょう。

 

■網戸のホコリ対策にオススメな商品

クリアネット

網戸がすぐ汚れてお掃除が大変…という方にはホコリがたまりにくいタイプの網戸もオススメ!

YKK AP製の「クリアネット」なら、凹凸が少ない構造なので普通の網戸に比べてホコリがたまりにくくなっています。また網がスリムなので、外の景色もクリアに見えやすくオススメです♪
※お使いの窓のメーカーや製品仕様によって交換が難しい場合もあります。
 

網戸が汚れていると、風通しが悪くなったりカビの温床にも繋がるので、定期的なお手入れが大切ですね♪

 

 

<参考サイト>

YKK AP「クリアネット」<https://www.ykkap.co.jp/products/window/clearnet/>

DUSKIN「お掃除大辞典」<https://www.duskin.jp/jiten/kotu/window/amido_01.html>

 

 

タグ:
電話でのご相談メールでのご相談

COMING SOON

error: 右クリック禁止