窓サッシにカビ!お掃除方法と対策!

投稿日:2018.11.02

窓掃除

 

みなさん、こんにちは!

Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

 

11月になりましたね!

時間が過ぎるのが早くて、気付いたらアッという間に今年も終わってしまいそうです!

 

これからの時期、気を付けたいのが窓のゴムパッキン等に発生する「カビ」!

年末に大掃除される方も多いと思いますが、真冬の窓掃除は冷たくて大変ですよね。今からこまめにお掃除しておくと楽ですよ!

そんなわけで今日は発生してしまったカビのお掃除方法と対策についてご紹介します!

 

■カビが生えてしまったら

まずはカビ取り剤を浸透しやすくするため、既に付いている汚れを落としていきます。

水だけで落ちない場合は、

①水で薄めた中性洗剤で拭く ②水拭き ③から拭き を行います。

洗剤が窓に残ってしまうと汚れの原因となるので、しっかりと拭き取りましょう!

 

■カビ取り

窓周辺のカビは、アルコールで拭き取り除菌します。

ゴムパッキンの部分は、なかなか手強いので、

・市販のカビ取り剤

・塩素系漂白剤

等をキッチンペーパーやいらない布に染み込ませ、

ゴムパッキンの上に置き、上からラップをかけます。しばらく置いた後水拭きすればお掃除完了です!

 

 

■カビが発生する前に!カビの原因「結露」への対策!

窓にカビが発生する原因の一つが、なんといっても結露!

カビのお掃除とともに、原因となる結露対策もしっかり行うことが大切です。

結露を発生させにくくするためには、

 

・こまめな換気

・部屋干しを控える

・窓際に水槽や観葉植物を置かない

 

など、結露が発生しにくい環境を作ることが大切です。

 

また、お部屋が暖かいのに窓が冷たい場合、その温度差で窓に結露が発生することがあります。

手軽に対策したい場合は、市販の吸水テープや結露防止シートを貼って対策を行ってください。

本格的な対策をしたい場合は、内窓のリフォームが断熱効果も高くオススメですよ(^^)♪

 

COMING SOON

error: 右クリック禁止