次世代住宅ポイントは玄関ドアリフォームに使える?

投稿日:2019.06.20

玄関ドアリフォーム

みなさん、おはようございます!
Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

いよいよ10月からの消費増税に向けて、本格的に準備が始まりそうな雰囲気ですね。
住宅業界では、リフォーム時にも利用できる「次世代住宅ポイント」という制度が実施されます。
今日は次世代住宅ポイントと玄関ドアリフォームの関係についてご説明します。

 

■次世代住宅ポイント制度とは

次世代住宅ポイント制度は、10月以降に「新築住宅を取得する」または「既存住宅をリフォームする」際に、工事内容に応じてポイントが発行されます。
ポイントは省エネ商品や、地域の特産品などと交換が可能です。
 

■玄関ドアのリフォームは対象?

玄関ドアのリフォームは、次世代住宅ポイントの対象です。
ドアの大きさによって発行されるポイント数が異なります。

面積1.8㎡以上 … 28,000ポイント/箇所
面積1.0㎡以上1.8㎡未満 … 24,000ポイント/箇所
 

■玄関引戸のリフォームは対象?

玄関引戸のリフォームも、次世代住宅ポイント制度の対象です。
こちらも引戸の大きさによって発行されるポイント数が異なります。

面積3.0㎡以上 … 28,000ポイント/箇所
面積1.0㎡以上3.0㎡未満 … 24,000ポイント/箇所
 

■勝手口ドアのリフォームは対象?

勝手口ドアのリフォームも、次世代住宅ポイント制度の対象です。
こちらもドアの大きさによって発行されるポイント数が異なります。
ポイント数は玄関ドアリフォームと同じです。
 

■玄関ドア・引戸・勝手口ドアリフォームのメリット

  • 見た目がとてもキレイになる
  • 玄関ドア等のリフォームで最も喜ばれるのは、なんといっても見た目が見違えるほどキレイになることです。
    色やデザインが変わるだけで、家全体の雰囲気もガラッと変わります。

  • 建てつけが良くなる=開閉しやすくなる
  • 年数が経つと、ドア自体の老朽化や歪みで開け閉めが難しくなってしまいます。
    玄関ドアリフォームでは歪みを調整しながら新しいドアを取り付けるので、毎日の開閉がとても楽になります。

  • 防犯性能がアップする
  • 新しい玄関ドア・引戸・勝手口ドアでは鍵が二つ付いているロックが標準装備です。
    また施錠するキーもディンプルキーといって、ピッキングなどに強いキーを選択することが出来るため安心です。

 
玄関ドア、玄関引戸、勝手口ドアがこのような補助制度の対象になるのは多くありません。
マドプロでは次世代住宅ポイント制度に対応している登録店をご紹介することも可能です。
ぜひこの機会にリフォームをご検討ください♪

電話でのご相談メールでのご相談

COMING SOON

error: 右クリック禁止