窓リフォームも得意!手先が器用な建具屋さん

投稿日:2018.10.24

建具

最終更新日:2019.07.16

おはようございます!Mado Pro(マドプロ)スタッフです!
建具屋さんと窓リフォームは、実は深い関係があるんです!詳しく説明していきましょう!

 

■建具屋さんとは

「建具」←これ読めますか?
正解は「たてぐ」です。ご存知の方にとっては、簡単過ぎましたね。
建具を辞書で引くと「部屋の仕切りや外部との仕切りに用いる、開け閉めすることのできる可動性の障子・襖・窓・戸などの総称」と、あります。
建具である障子や襖、戸などを作るお店を建具屋さんといいます。

昔、これらの建具は職人さんがひとつひとつ手で作っていました。
建具は空間を仕切るためのものですから、ぴったりの寸法で作らないとすき間が出来てしまい、開閉しづらくなってしまうので精度の高さが要求されます。
また建具に装飾を施せば家の雰囲気がグッと良くなるので、使いやすさと美しさも求められます。
そんな職人技が光るものを制作していたのが、建具屋さんたちなのです。

 

■建具屋さんは時代に合わせて進化する

ひとつひとつの建具を職人さんたちが作っていたわけですが、時代は大量生産・大量消費への時代と変わります。
それに伴い建具もメーカーが大量生産出来るようになり、今では新築住宅のほとんどは既製品によるものです。

時代の流れと共に建具屋さんはお店をたたんだり、もしくは時代の流れにあった業態に変化しています。
例えば窓に特化する建具屋さんもいます。
古いお家の窓の断熱性が悪く何とかしたい、窓からの隙間風をどうにかしたい等、窓に関して様々なご要望があると思いますが、そんな時に窓のプロでもある建具屋さんが窓リフォームのお手伝いをしてくれるわけです。

 

■建具屋さんが得意とするリフォーム

窓リフォームのほかに、お風呂やキッチン・トイレ・玄関ドア・室内ドアなど…家の中のリフォームを何でもこなせる建具屋さんもいます。
建具屋さんは手先が器用な方が多いので、様々なリフォームに対応が出来ます。

実は、リフォームは、新しいものを作るよりも難しいのです。
リフォームの難しいところは、今あるものに合わせて新しいものを作るという点です。
既製品のものではサイズが合わないため、しっかり寸法を計測して、ズレが無いように取り付けるという事が簡単そうで難しいものです。
雨や風が入らないことが求められる窓や玄関ドアでは、1ミリ単位での調整が必要です。

このように緻密さが求められるリフォームで、建具屋さんお本領が発揮されるというわけです。

 

■建具屋さんはオーダーメイドも得意

時代の流れから業態を変える建具屋さんもいますが、もちろん、オーダーメイドの建具をつくる建具屋さんとして活躍している方もいます。
メーカーの既製品ではなくオシャレな建具を使いたい、昔から大事にしてきたものを修理して欲しいなど要望は様々です。

Mado Proにも、以前のお店の名前が○○建具店という登録店もあります。
施工事例を見るとオーダーで収納棚を作ったり、昔からある飾りの付いたドアを綺麗に直してくれたりと、本当に手先が器用なんだなと関心してしまいます。
いざという時に、街の建具屋さんを頼りにしてみるのも良いかもしれませんね。

 

<マドプロ施工事例>
オーダー収納家具で、使い勝手バッチリ!!

では、また!

電話でのご相談メールでのご相談

COMING SOON

error: 右クリック禁止