台風のとき、窓を開けない方がイイ理由。正しい対策は?

投稿日:2019.06.28

大雨

みなさん、おはようございます!
Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

今日は激しい雨・風となりましたね!
これから台風シーズンとなるので、窓ガラスが割れないための対策方法などについてご紹介します。

 

■ガラスが割れる本当の原因

ガラスが割れるほとんどの理由は、「点の圧力」がかかった時です。
例えば、手のひらでガラスを叩いても相当な力でない限り割れることはあまりありません。(もちろん、割れないとは言い切れませんが…)
逆に先端が鋭利なものをぶつけたときは、手のひらでたたくときよりもガラスが割れる確率はグッと高まります。
また、窓ガラスはある程度の風に耐えられる性能(耐風圧性能)を持つことが決められています。
そのためガラスは風の力で割れるのではなく、風で飛んできたもので割れることがほとんどです。

 

■台風の時、窓を開けた方がガラスが割れない?

台風が来た時の強い風で、窓がガタガタと揺れるのって怖いですよね。
あまりにも強い風のせいで窓ガラスが割れそうだから、窓を少し開けた方が良いのではないかと考える方がいるかと思いますが、それは間違いです。
最初に述べたように、ガラスが割れる理由は風で飛ばされたものが当たるから。窓を開けても雨風が入って来るだけです。
また窓の木枠部分の腐食にも繋がりかねないため、台風の日はしっかり窓を閉めるようにしましょう。
窓を開けることで風を逃がすことでなく、ガラスに物が当たらないようにすることが台風対策としてオススメです。

 

■今すぐできる台風対策はこれ!

ガラスに物が当たらないようにするために、まずはベランダやお庭に置いてあるものを片付けることも対策になります。
ほうきなどの掃除道具や洗濯物干しのグッズなどが風で飛び窓に当たることもよくあるので、まずは窓周辺を片付けておきましょう。

 

■台風にガラスフィルムは良い?

窓ガラスにフィルムを貼ることで強度が増して、ガラスが割れるのを防げる気がする…と思う方もいるかもしれません。
しかし、残念ながらガラスは割れてしまいます。
ただし、割れたガラスが飛び散りにくいということに関しては大きな効果を発揮するため、ケガの防止等にはオススメです。
また台風だけでなく、地震などが起きたときにも避難経路にガラスが飛び散るのを防ぐことが出来るため、防災対策としても効果を発揮します。

 

■台風には雨戸やシャッターがオススメ

ガラスが割れる原因である飛来物を、ガラスに当たらないようにすることが最も良い方法です。
台風や風の強い日などは、雨戸やシャッターを閉めるようにしましょう。
もし何かが飛んで来たときには雨戸やシャッターが少し傷つくかもしれませんが、ガラスが割れて雨風が入り込んでしまったり誰でも侵入できる状態になることと比べると、ガラスを守ることを優先した方が良いと思います。
早め早めに対策をしていきましょう。

 

■雨戸やシャッターは後からでも付けられる

今の窓に雨戸やシャッターがついていなくても、後からつけることが可能です。
最近では雨戸よりもシャッターの方が人気があります。
シャッターの場合、手動タイプまたは電動タイプの二種類から選ぶことができます。
手動タイプをつけている方が、開け閉めが大変だということで電動タイプに切り替える工事をすることがよくあるので、ご予算等にもよるとは思いますが電動タイプがオススメです。
電動シャッター工事内容や参考価格は「電動シャッターで楽々!雨戸や手動シャッターのリフォーム」に詳しく説明しているので、良ければご覧ください。

 

■早めの台風対策が大切!

窓ガラスが割れると、防犯面でも不安な日が続いてしまいます。
台風後は被害が集中して業者さんが忙しく、対応してもらえるまで予想以上に時間がかかることもあります。
事前の対策をしっかりして、何事もなく無事に台風を乗り切れるようにしましょう♪
雨戸やシャッターなどの事前対策はお気軽にマドプロまでご相談ください。

 
<関連施工事例>
・海際の風よけと防犯対策に!シャッターの取り付け(鎌倉市)
・台風で壊れた木製雨戸を交換!(横浜市港北区)


マドプロはマッチングサイトです
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ


電話でのご相談メールでのご相談

COMING SOON

error: 右クリック禁止