内窓の断熱効果は、〇〇〇で決まる!

投稿日:2018.12.17

内窓

 

二重窓

 

みなさん、おはようございます!

Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

 

最近は耳当てが手放せなくなってくるほど寒いです!

こんなに寒いと思うのは私だけでしょうか?

ちなみに、耳にはたくさんのツボがあるので、耳を温めることは健康に良いそうです!

ぜひみなさんも、耳当てを!

 

さて、部屋の寒さ対策として大事な場所は「窓」です。

窓からの冷気を感じたことありませんか?

あの冷気が問題なんです!

当ブログでは耳にタコができるほど繰り返しお伝えしていますが、窓からの熱の出入りが冬は約60%もあります。

窓の断熱対策って重要なんです。

 

窓の断熱対策には様々ありますが、「内窓(二重窓)」を検討される方もいると思います。

内窓は冬場の冷気を抑えるためオススメです。

ただし、その断熱効果は「ガラス」で決まります。

 

内窓のガラスは選べるんです。

ご存知でしたか?

最近は、断熱に特化したガラスなど、機能性を持ったガラスがあります。

内窓に使うガラスを、お悩みに合わせて使うことが大切です。

 

ガラスの断熱性能を、松・竹・梅で分かりやすく分けてみます。

熱貫流率が低いほど断熱性能が高いことを表します。

 

■松■「Low-Eペアガラス」 …熱貫流率1.7W/㎡・K

■竹■「一般ペアガラス」 …熱貫流率2.9W/㎡・K

■梅■「一枚ガラス」 …熱貫流率6.0W/㎡・K

 

Low-Eペアガラスは一枚ガラスの約3倍の断熱性能があります。

一般ペアガラスは一枚ガラスの約2倍の断熱性能があります。

もちろん、断熱性能が上がるほどお値段も高くなります。

価格に見合った性能ということです。

 

ご予算やお部屋の状況によって、どのガラスを選ぶかは慎重になったほうが良いと思います。

意外とガラスは複雑なので、プロに相談してみるのもアリですね。

Mado Proがご紹介するプロたちも、もちろんガラスに詳しいのでお気軽にご連絡ください♪

 

最適なガラスの入った内窓で、この冬を乗りきりましょう!

ではまた!

COMING SOON

error: 右クリック禁止