内窓のインプラスを付けてみました!③

投稿日:2018.05.18

内窓で足元冷えない

 

みなさんこんにちは!

前回の続きで、内窓「インプラス」をつけてみて良かった事をお話します。

 

今回は「窓からの冷気が感じにくい!」について詳しくお伝えしていきたいと思います!

以前もお話しましたが、内窓を取り付けた部屋は北向きの角部屋ということで、冬場はかなり冷えていました。もちろん窓から冷気もガンガン入ってくるわけです。

 

ちなみに、冬は部屋の熱が窓から約50%も出て行っちゃうんです!つまり窓の断熱対策をするということは、かなり効率よく寒さ対策できていることになります。これはまた今度詳しく説明しますね!

 

話を元に戻しましょう。元々アルミのサッシに一枚ガラス(ペアガラスではない、ただの厚さ3mmのもの)が入っていた窓だったので、内窓が付くだけで効果は絶大でした!

今までは窓の近くにある机に向かって作業をしていると、足が寒すぎてレッグウォーマーを履いたりと防寒対策をしていましたが、それをしなくても済むようになりました!

 

また前年は10月頃から寝る時の布団が1枚、2枚…とだんだん増えていったのですが、そのタイミングが遅くなりました。最初は気付かなかったのですが、「そういえば去年のこの時期はもっと布団かぶってた!」と気付きました。

もちろん暖房の設定温度も低くなりましたし、切った後も部屋の暖かさの持続時間が明らかに長くなりました。だから就寝も快適だったのでしょうね。

 

仕事柄、「冷気が来ない」とか「結露が発生しない」というように言い切ることはあまりしません。住宅の条件によって、それらが全く起こらないとは言い切れないからです。ただ、この例で言うと窓からの冷気はピタッと消えました!内窓に入れたガラスもポイントなんですけどね!(←ここは重要なので、またご説明しますね!)

 

次回はインプラスによる最後の感動「雨が降っているのも分からない!」です!お楽しみに!

COMING SOON

error: 右クリック禁止