ヒートショックは今が一番キケン!窓リフォームで対策を

投稿日:2019.01.29

ヒートショック

みなさんおはようございます!

Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

 

ヒートショック」をご存知ですか?

最近ではニュースでもよく取り上げられることが増え、だんだんと「ヒートショック」を知る人が増えてきました。

 

ヒートショックは急激な寒暖差により血圧が乱高下し、血管や心臓に負担がかかってしまうというものです。

詳しくは「ヒートショック対策は窓リフォーム!で解決」をご覧ください。

 

東京23区内限定になりますが、入浴中の事故件数について調べてみました。

過去5年間(H25~29年)の1月に入浴中に亡くなられた方は、一日平均7.8でした。

過去の統計をみても、1月は最も死亡者数が多くなる時期です。

年間を通してみてみると12月~2月がキケンな時期になります。

 

一日約8人とは他人事ではありません。

また、ヒートショックの危険が高いのは65歳以上の方です。

親戚やご近所の方など、まわりにいらっしゃったらぜひ気にかけてあげましょう。

 

ヒートショック対策には手軽に出来るものと、本格的に行うものがあります。

本格的に浴室の冷えを改善するには、窓リフォームもオススメです。

 

窓は最も熱の出入りの多いところです。

せっかく浴室を温めても、窓から58%もの熱が逃げてしまいます。

この熱の移動を根本から抑えることで、浴室が極端に冷えることを防ぎます。

 

ヒートショックで気を付ける場所は、そのほかに脱衣所トイレなどがあります。

もし窓がついているようであれば、窓の見直しは大切です。

 

ヒートショック対策は窓リフォーム!で解決」の対策方法で詳しく窓リフォームについて解説もしています。

お時間のある時に併せてご覧ください。

 

ではまた!

 

※参考:東京都監察医務院、東京都23区における入浴中の事故死の推移「入浴中の死亡者数の推移(月別・性別)」

COMING SOON

error: 右クリック禁止