カーポートの屋根交換するならどれ!?

投稿日:2018.10.04

カーポートSC

 

みなさん、こんにちは!

Mado Pro(マドプロ)スタッフです!

 

台風の影響で、テラスやカーポートの屋根の修理依頼が増えているようです。

混み合うことが予想されるので、

屋根が飛んでしまって交換を考えられている方は早めに連絡した方が良さそうですね!

 

そんなわけで昨日に引き続き、

今日はカーポートの屋根の種類についてご紹介します!

 

・アクリル、塩ビ

アクリルの平板や塩ビの波板など、昔のカーポートでよく使われていた素材です。

耐久性は低く、風で飛ばされてると簡単に割れてしまいます。

現在発売されている商品では使用されていないので、割れにくいポリカーボネート素材への交換がオススメです。

 

・ポリカーボネート

現在発売されているカーポートに主に使われている素材です。

アクリルの約40倍の強度を持ち、耐久性に優れていて有害な紫外線をほぼ100%カットします。

 

 

・機能付きのポリカーボネート!

ポリカーボネートの中でも、機能性が追加されたタイプの屋根材がおすすめです。

 

・太陽の熱をカット!熱線吸収・遮断タイプ

屋根材で熱をカットするので、太陽光による車内の温度上昇を抑えます。

 

・屋根が汚れにくい!光触媒タイプ

太陽光が当たることにより、汚れ(有機物)を分解。雨水で汚れが流れ落ちやすくなります。

通常の屋根材に比べ、汚れがつきにくい&落ちやすいのでお掃除のしづらいカーポートには最適です。

※自然摩擦でコーティングが徐々に剥がれるので防汚機能自体の寿命は10年程度ですが、その後も通常の屋根材としては問題なくお使いいただけます

 

その他にも防火地域と呼ばれる場所で使える屋根材や、屋根がすべてアルミで出来ているタイプのもの等もあります!

ちなみに掲載写真はLIXILのカーポートSCという、ポリカが使われていないタイプのカーポートです。(かっこいい…!)

 

今日は屋根材について書きました!

目的に合わせて、屋根材についても業者さんと相談してみてくださいね!

それではまた!(^^)

 

 

COMING SOON

error: 右クリック禁止