オフィスのドアをまるごと交換!~カバー工法~

投稿日:2018.06.08

事務所のドアリフォーム

↑ リフォーム前(カバー工法前)

 

オフィスのドアリフォーム

↑ リフォーム後(カバー工法後)

 

 

私が通うオフィスで、ドアを丸ごと交換するリフォームを行いました。

このリフォーム方法は「カバー工法」というのですが、そのことについて少しお話します。

元々このドアを変えるきっかけになったのは、「見た目」と「カギ」です。

 

最近オフィスの壁紙を綺麗に張り替えました。

張り替えたはいいものの、今度はドアの汚さが目立ってしまったのです。

せっかく周りが白くて綺麗だから、ドアも思い切って白にしてみよう!という事になりました。

 

もうひとつのきっかけでもある「カギ」についてですが、当社の建物にあるドアは使う鍵がバラバラでした。

つまり複数個鍵をもつ必要があり、少し不便に感じていました。

その為この際ドア自体を変えてしまって、鍵を他のドアと統一させよう!という事になりました。

 

せっかくなので、新しいドアはデザインも変えてみました。

前はドアの下部分がガラスではなくパネルでしたが、今回は上から下までひと続きのガラスをいれました。

ちょっと古めかしい印象だったドアも、すっきり今っぽく(?)なりました!

 

ちなみにこのガラスはただのガラスではありません!

防犯用のガラスを入れています。

たくさん叩いたとしても、突き破ることが難しいガラスです。

これで防犯面も安心です♪

そしてカギも一新されたので、いくつも持つ必要がなくなりとても快適です♪

 

今回のようにカバー工法は見た目もガラッと変えられて、防犯面や利便性もアップします。

ドアが白くなり、オフィスの印象も明るくなったのもとても嬉しいです!

 

ドアだけでなく、開けにくくなった窓などにもカバー工法は使われます。

ぜひ、窓やドアのリフォーム方法のひとつとして覚えてもらえればと思います(^^)♪

COMING SOON

error: 右クリック禁止