もはや遺跡!?内側に開く窓

サンロマン

↑窓は内側に、雨戸は外側に開きます

 

↑約40年前のカタログを発見!トーヨーサッシのカタログです

 

 

みなさん、おはようございます!

 

今日は朝から雨模様ですね…。

雨の中を歩くと、どうしても足首あたりが踵から跳ね返った水で濡れてしまいます…。

良い歩き方はないでしょうか…。

 

今日は昨日に引き続き、「もはや遺跡!?シリーズ」!

今回は「内側に開く窓」です!

 

窓といえば、横にスライドさせて開けたり、または上下にスライドさせたりして開けますよね。

さらに、外側に押し出すようにして開ける窓もあるかと思います。

 

外側に開ければ、空けた部分は外に飛び出すわけですから、誰かがぶつかったりすることはなく、安全です。

家具などで開けられないということも無いわけです。

今では、基本的にほぼ全ての窓が外側に向かって開く仕様になっています。

 

ところが、こちらは違います!

なんとも危険!内側に開く窓、その名も「サンロマン」!

今では発売されていない、貴重な窓です。

 

私は、内側に開く両開き窓を初めて見ました…。

なんとも不思議な…。

 

でも、とてもオシャレに見えます。

海外の家にありそうな、デザインにこだわった窓だなぁと思いました。

 

発売されていたのは、今から約40年ほど前になります。

当時のカタログを発見できました!

カタログにあるように、サンロマンは応接室などお客様を招くような場所にピッタリの商品だそうです。

たしかに、特別感といいますか、高級感が出ますよね。

 

この窓の持ち主も、応接室に使用しているそうです。

応接室があるとはうらやましい限り…。

 

今はシンプルで機能的な窓が当たり前ですが、見た目にもこだわったオシャレな窓もなかなか良いものですね!

また珍しい商品があったときには、ご紹介しますね!

 

ではまた!

column
新着リフォーム商品記事

2024.02.22

窓のリフォームで快適な住環境を手に入れよう!

2024.02.16

結露対策のための窓リフォーム方法とポイント

2024.02.08

 地方の戸建て住宅における窓の結露問題とその対策

2024.02.02

暖房をつけても部屋が寒いときは内窓を設置して悩み解決!

COMING SOON

error: 右クリック禁止